• lake

    →こういうのは一種の試練。企業等の内部告発や昔の踏み絵等と同じ。自己保身に走り屈するのか、命懸けで正義を貫くのかが試される…

  • lake

    →恐怖で悪に屈したらその時点で加害者になる。レイプも無抵抗なら「同意」と同じになる。嫌なら厳しくても明確に言動で示すべき。↑

  • lake

    →「お前も一緒にいじめないといじめるぞ」と脅されて加われば、被害者ではなく共犯者。子供でも「拒めば自分がいじめられる」と、↑

  • lake

    →「それはおかしい」と思うだろう。だが、心中では嫌でも、無抵抗で我慢したら、それは「同意」と区別できない。子供のいじめでも↑

  • lake

    →また、記事にもある「女も抵抗すべき」「男の狼性も理解すべき」とかの意見の取り上げ方も偏重的。こういう意見だけ見れば誰でも↑

  • lake

    →道路飛び出しでの事故は、車が加害者にはなるが、飛び出した側も不注意の落ち度がある。自ら選んだ恋人等からのレイプも同じ事。↑

  • lake

    →レイプの方が遥かに多数と言ってた…一方番組で紹介してた具体例は少数派のパワハラ的なのを出してたが…よく子供や高齢者に多い↑

  • lake

    →恋人や配偶者からのレイプなら、そういう相手を選んだ被害者にも落ち度がある。実際番組でも、見知らぬ人より恋人や配偶者からの↑

  • lake

    →やはり、被害者の落ち度の有無は状況で変わると思う。普通に街を歩いてて突然見知らぬ人に襲われたなら、まあ落ち度はない。だが↑

  • lake

    番組見てみたが、都合いい状況を誇張しながら「どんな状況も被害者は一切落ち度がない」と恣意的に誘導しようとしてる感じがした…↑