• フォルテ

    自分の脳や自我の情報を電子化して、仮想世界に送ってもらい、仮想世界を維持するサーバの寿命が尽きるまでずっとそこで暮らしたい

  • フォルテ

    幽霊を元素記号で表すことが出来たなら、死後の世界の存在を認めてやらんでもない(認めるとは言ってない)