• wasp

    肉体という殻のみ『生き』ながらも中身は『死んで』いる個体も実際に多いからね。一つだけ言えるのは、殻の終わりが近いと中身も引き摺られる。逆もまた然り。

  • wasp

    だから『死後』も『死前』も大差無いとの認識。その先は見たこと無いから分からない。むしろ『生』は錯覚?いつから今『生きている』と錯覚していたのだろう?

  • wasp

    色々な考え方の※があって面白いね。幾度か死ぬような経験もしたけど基本的には『夜眠って朝起きる』感覚しか味わえていない。急に寝かしつけられるというか。

  • wasp

    朝鮮学校の生徒と思しき一団の公共施設での振る舞いを観察しているとやはり『しつけ』の質の面で大きく日本人のそれに劣るよ。異質に対して寛容と特恵を与えすぎている傾向あり。

  • wasp

    日本人特有の後天的遺伝と考えられるから、親世代と子世代を隔離して教育して受け入れる下地作りをし、異質なものを溶け込ませる仕組みも作らないと。

  • wasp

    日本人って昔から『環境に溶け込む』のは上手だけど『環境に溶け込ませる』のは下手。そして受け入れるのも下手。まず外見的特徴に拒絶反応を示し、次に行動に拒絶反応を示す。

  • wasp

    本当の意味での『愛国心』に基づいて思考するなら、この国は『カルト規制法』を整備した方がいいんじゃないかな?

  • wasp

    であるならば、それらは『カルト』だよね。政治カルト、宗教カルト。無理解で、主義主張に執着して、周囲を巻き込んで自滅する。世界が患うNecrosis。

  • wasp

    『愛国』を自称する輩は多いが、本当の意味で『理解』しているものはどれほど居るのだろう?君達一人が抱くそれ、本当に『愛』ですかね?『妄信』『盲信』『信仰』『恋』では?

  • wasp

    『理解』とは内側から殻の外側に向かって発揮され、反響して内側を満たすもの。殻の外側から内側に向かう働きとは『刷り込み』であるが、『理解』とは明確に作用が異なる。

  • wasp

    『教育勅語を暗唱』したり『軍歌を歌う』ことは、『国を理解しようとする教育』なのか?…否、だね。そもそも『愛』つまり『理解』とは、外側から押し付けられるものではない。

  • wasp

    じゃあ『愛国教育』とは何か?踏襲するならば『国を理解しようとする教育』。さて、原点に回帰しよう。

  • wasp

    では『愛国』とは何か?踏襲するならば『国を理解すること』。では『愛国心』とは何か?踏襲するならば『国を理解しようとする精神活動の顕現』。

  • wasp

    『わからない事をわからないままに対処すること』の反対は、『わからない事をわかった上で対処すること』。ああ、そうか。つまり、『愛』とは『理解すること』か。

  • wasp

    逆に『愛』と遠いモノは、『恐怖』『憎しみ』『無関心』?これらの共通項は『わからない事をわからないままに対処すること』。

  • wasp

    うん、やはり『愛』とはいかなるものかを理解する事が難しい。それは『執着』?しかし『執着』のnuanceに近いのは『愛』ではなく『恋』とか『信仰』だよね。

  • wasp

    そもそも『愛』って何だろうね?私はこうした曖昧なものをそのままに受け取る能力に乏しいから、上手に理解できないんだけど。『愛国者』って奴等ならば知ってる。

  • wasp

    鎖の太さが太いか細いかで、拘束力にも大きな差が生まれると思いますけどね。

  • wasp

    結局のところ、供給を断つしかないんだよ。そうして『助けられていた需要層』が死滅しないと、根治には至らない。文化は衰退するが。

  • wasp

    こうした『労力よりも評価が低く見積もられてしまう現象』に助けられている需要層も無論多い。だから需要側は、見て見ぬ振りをする。

  • wasp

    介護とか保育とか飲食とかも同様な構造が見受けられる。どれも『需要側のやり方次第で無料化できる』。qualityに目を瞑れば。

  • wasp

    こうした土壌がある上で、供給源が断たれない場合、労働の価値が必要以上に低く見積もられてしまう。いわゆる『やりがい搾取』だね。

  • wasp

    関連商品の売上なんかの収入源もあるけれど。それ単体で見た場合に、創造に必要な労力に見合った見返りが発生しているとは言い難い。

  • wasp

    この記事に合わせるなら、アニメって需要側は無料で試聴出来ているところがあるじゃない?勿論、その裏では各種スポンサーや、

  • wasp

    極論、こうしたブラックな体制が完成するのは需要側の責任が大きいんだよ。どの業界でもそうだけどね。

  • wasp

    面白いのは、この監督自身も自分の仕事を低く評価している所だよね。単なる一方的な搾取構造ではなく自己嫌悪を伴っている。

  • wasp

    どんなに優秀な機能も、時の流れによって朽ちる定めなのですよ。

  • wasp

    そうだね。そこに行き着いて、搾取の権力構造が構築されるね。

  • wasp

    これとか面白いとおもうんだけどなあ。http://agora-web.jp/archives/1669201.html

  • wasp

    生命の維持とはまた別の観点で、ね。だって生命維持だけならば現代日本には生活保護があるじゃない。

  • wasp

    受けるstressに対して、これを十分に解消する為に必要な対価を与えられているかというところが重要なのではないかな?

  • wasp

    カネが全てではない事は事実だよね。カネで満足できるならブラック企業は生まれない。

  • wasp

    規範と共に用いない者がどれほど世に溢れてしまったかを直視したことはあるかな…

  • wasp

    日本には『天皇』という『伝統的な哲人王』がいるじゃない。プラトンはこの条件を持たずに進めて失敗したが、日本は既に持っている。

  • wasp

    いや、共産主義を目指す必要はないんだよ。古代ギリシャに立ち返り、哲人政治を行えば良い。

  • wasp

    というか面白いのが、プラトンのいた時代の流れを現代が再現しようとしているんだよね。一定周期で繰り返すものなんだね。

  • wasp

    放任はHomo sapiensには荷が重いのではないかな?彼らに自由にさせた結果、日本に限らず惑星規模で混乱している。

  • wasp

    その為には、働き方もより洗練して余暇を増やす必要があるし、多様化する生活様式に合わせて通信教育も充実させる必要がある。

  • wasp

    幼・小・中を社会から隔離・一本化し、高・大・院はあくまで社会進出後に仕事を続けながら稼いだ給金で趣味の為に通うものとすべき

  • wasp

    古代ギリシャの教育に学ぶべき点は多いよね。技術面では遥かに進歩しているのだから、あれをbaseとして過程を圧縮する事も可能。

  • wasp

    ※15歳までに『適性の高い専門学』に的を絞り『現在の大学院卒業程度』の知識を叩き込む。 ※育児専門職は方向性のみ管理。

  • wasp

    ※5人の児童に対し1人の育児専門職を割り振る。 ※全ての児童は15歳まで寮で生活する。 ※定期的に適性検査を行い班分けする。

  • wasp

    ③子宮を借りて出生させ、初乳を与えた後に国家が回収する。④成長のstage毎の専門職が育成を担当。

  • wasp

    ①精子・卵子を国営bankで保存する。 ②30年周期で計画を立て、必要な遺伝子の組み合わせを必要な数だけ交配する。

  • wasp

    けれどもこれについての最適解は一応は出来ているよ。あとは社会がその解答をどう受け入れるかという問題もあるんだけどね。

  • wasp

    >「子供の『相対的貧困』」の解消を、究極的にはどうやったら解決できると思ってるのか知りたい ← 記事の筆者の考えは知らない。

  • wasp

    しかしそう見ると、実は日本人って『無自覚な貧困』を全体が患っているって事ですよね。結局のところ全体を底上げする以外に手が…。

  • wasp

    >神無月氏 ← 共感性ならば教育の問題ですけど、「自分の事しか考えられない」ってのは経済的豊さの問題ですかね?

  • wasp

    そんなんだから日本の社会が伸び悩んで緩やかに衰退しているという事実に目をそらすような統合失調気味の愚民が量産されるんですよ。

  • wasp

    そもそも現代日本人は共感性が低い個体がほとんどだから、他人がどうあろうが知ったことではないという思考回路しか持てないでしょ。

  • wasp

    そしてそうしたカトリック色の強い風潮に対して「風刺」的法案でcounterしようって発想も面白い。水面下でプロテスタントと宗教戦争でもやってんのかね?

  • wasp

    テキサスはプロテスタント信者の方が多い州なのに、「女性の人工妊娠中絶に対する規制が厳し」いようなカトリック色が強いというのは興味深いよね。