• 100% PURE POISON

    AUGUST 元々小池は、自民との相性抜群な右翼政治家ですが?今は夢(初の女性総理)を叶える為の手段として改革派を擬態しているだけ。いずれ窮した自民は彼女を担ぎます。

  • 100% PURE POISON

    もちろん、(経団連とかのように)「健全な資本主義の発展」という美辞麗句に隠れて、利己的な「搾取」を働こうとする企業等が責任を問われたり、糾弾されるのは当然だが。

  • 100% PURE POISON

    厳しい事を言うと、グローバル化の厳しさの中にあって、経営環境を無視した過剰で一方的な労働者保護を謳うのは、資本主義の健全な発展・維持に対し、無責任すぎはしないか?

  • 100% PURE POISON

    本当に立った方針と言えるだろうか?「原発」という仕組は、風上から風下に至るまで広義の「搾取」により成り立っている。それを積極推進する労働組合は自民党と同質ではないか?

  • 100% PURE POISON

    途中送信してしまった) し、戻っていいとも思わない。例えば、連合の内部をみても、電力労連は自己の利益のみを考えて原発推進だが、それは君の言う「労働者」の立場に⇖

  • 100% PURE POISON

    AUGUST 気持ちは分かるが、「労働者」性善説のみで考えていればいい「古き良き時代」は戻らない。

  • 100% PURE POISON

    小沢は「地上戦」に強く野党の接着役になる事も認めるが、中道~リベラルの受け皿となりえた『日本未来の党』を利用した挙句潰した事は忘れない。以来最も信用できない人の一人。

  • 100% PURE POISON

    詐称をこれから語る気力は無い。調べる気があれば自身でもできるはず。気が向けば後から書き込む。 それと別に、「政治記事の”参加”の偏向」って一体何?

  • 100% PURE POISON

    君こそ、己の主義主張に囚われているため、トランプという個人の人格的欠陥に気づけていない。それはまるで、あの毛沢東に熱狂したかつての中国国民のようだ。

  • 100% PURE POISON

    他人の「偏向」を指摘する自身の偏向は気にならない?「現実を見て判断」しそれを語るという行為も「主義主張を語る」事そのものだが、その矛盾には気づかない?

  • 100% PURE POISON

    零花 君が挙げたトランプの「功績」と称するものは、ほとんどがトランプ政権の詐称。見たいこと聞きたいことだけを判断の拠り所とすれば、結論を誤るのは当然。

  • 100% PURE POISON

    自らもそれにより守られている「人権」さえ否定する輩(自分勝手な馬鹿)は、「人権」により成り立つ公共・国家を守るために、積極的に排除しなければならない。

  • 100% PURE POISON

    たとえ民主主義国であっても、理不尽な理由による特定他者の排斥を旨とした主張(ネオナチやKKK)を認めるわけにはいかないし、その必要もない。⇖

  • 100% PURE POISON

    日本のような土着土人国と違ってアメリカ合衆国という理念土人国は、理想・幻想を捨ててお前らのように下劣な本音をぶつけ合いだしたら、崩壊するんだよw

  • 100% PURE POISON

    ん? ここの基地外常連に語らせると、(普段のトランプのように)事実と真逆の結論が出るのが面白い。テロったのは、批判されてブチ切れた極右豚なんだがなw

  • 100% PURE POISON

    (土人の)特攻精神、見せてみろや!

  • 100% PURE POISON

    >ウニ君 ここがネトウヨ・ネトサポの「愛国心」の見せ所なのに、人(サヨ)頼み?www 日頃の威勢はどこ? やはりヘタレ、口だけ番長な連中w

  • 100% PURE POISON

    池上氏にしろ私のような者にしろ、”あえて”警鐘を鳴らすわけだ。

  • 100% PURE POISON

    しほま そうすることで、自分のなかの何かを満たそうとしたり、他人を利用しようとしたりする人は、今も、どこにでもいる。だから⇖

  • 100% PURE POISON

    カレー大福 「現代に生きる僕らは戦争を美化しちゃいけない」その前提がある限り、同意見。

  • 100% PURE POISON

    訂正;~に対する「罪」だと言える⇒~に対し「罪」があると言える

  • 100% PURE POISON

    「戦争」の”判断を下し遂行させた”者には、その行為に対する責任があり、それにより犠牲になった者(軍人に限らず)に対する「罪」だと言える。

  • 100% PURE POISON

    兵士一人一人の「命」に敬意はある。当然。 yukiyukiさんも言うように、無知だったと言うしかないが、どういう状況であれ⇖

  • 100% PURE POISON

    それを象徴するのが、赤紙招集を揶揄して言われた「一銭五厘(葉書代)の命」、古参兵が新兵に言ったと言われる「犬馬より卑しい(安価な)兵士」。

  • 100% PURE POISON

    兵士の思いを利用しただけで、当時の軍や国には兵士に対する敬意(プロパガンダとしての兵士への賛美はあれど)は欠片も無かった事だけは確かだ。

  • 100% PURE POISON

    そもそも軍関係ですらいわゆる「戦(闘)死者」は3割程で、残りは餓死、病死、(輸送船が沈められたことによる)溺死。それは軍の無為無策の結果。

  • 100% PURE POISON

    しかし、その事を感情的(センチメンタル)に捉えて、そうした状況を積極的に作り上げた国(指導者)の非を問わないのは、兵士に対して逆に非礼。

  • 100% PURE POISON

    自ら任に当たった特攻隊員ですら、内心複雑だったことが判明している。当時、国のプロパガンダが戦争賛美だったことを思えば、応じた彼らも被害者。

  • 100% PURE POISON

    カレー大福 愚かな戦争を否定する事が、死者に鞭打つ事になるという考えは間違い。そもそも戦地に赴いた人の気持ちはそんなに単純なものじゃない。

  • 100% PURE POISON

    なぜ公立でそれができないかは、色々理由はあるが、つまるところ予算の不足(政府が教育をどう捉えているかの程度)と文科省の方針。

  • 100% PURE POISON

    (月光のように)投げやりな事を言い出さなくても、ちゃんとした私立では、教員は健全な労働環境で「教育」に精を出している。⇖