• 零花

    反省より先にケジメ案件だと思います。敗訴しても降板1つなく頑張る系の言葉だけでしょ。それなら判例で事後裁判迅速化すべきです。保険になりますし。

  • 零花

    私は高須さんに味方します。マスコミメディアよりも強くスポンサー側の意向を強めないと『反省してまーす、言葉だけでーす、ごめーん♪』で終わりますもの。

  • 零花

    不足症、過剰症、吸収効率、代謝効率、水溶脂溶、細かい視点がありますし。栄養学も常に日進月歩。単位計算だけではありません。

  • 零花

    栄養士も学び深いでしょうが。理論なら管理栄養士に解説してもらいたい内容ですね。食機会や一度の分量と1日回数、運動状態、身体差、臓器やホルモンの兼ね合い。

  • 零花

    冷めて→褪めて、ですね。ごめんなさい。

  • 零花

    傾向的に夫婦が冷めて離れていくのも恨みよりも諦観。結婚を重くしてしまう様々な要因が『幸せの押し売り、恵まれた環境しか求めない使命感』ですもの。

  • 零花

    子ども至上主義の夫婦形態って、現代日本人特有の業ですよね。フランスでも子どもへの愛がありますが夫と横並び優先が異なることも。籍も絶対ではありませんし。

  • 零花

    >愛貴婦人さんの仰るとおりだと思います。(この間は あなたことを色々と誤解していました。あまり、いじめないでくださいね?)

  • 零花

    目先の企業ブランドややりがい広告。上辺だけ辻褄合わせの雇用体制。研修体制。企業も法人人格ですから、色が出ます。

  • 零花

    同意するかな。私も日本企業を卑下するわけではありませんが。生活1つも企業経営者の鋭気が何処に向かっているか初めに確認します。

  • 零花

    今は色々な事情がありますから、貯蓄が厳しい人もいますが。評価の1つとして『甘えなく』他人が重視するのでしょうかね。

  • 零花

    たとえば、10代なら態度常識の失敗が許されても、30代なら出来て当たり前とみなされます。貯金も目安の1つと捉えられます。

  • 零花

    望む望まぬ関係無く、一般の他人はあなたを評価します。社会環境では10代20代30代によって見られ方が異なります。

  • 零花

    他に痰や無茶な飲水や食べ物が関係したりする場合も。気道は小指一本の太さ。気管支は先に向かうとへの文字で先細り体位1つも重要です。

  • 零花

    気道→気管支→肺。左右差を1呼吸ずつ。水泡音のような肺雑音があれば体位ドレナージが理想ですね。

  • 零花

    プールの後は診療手段の1つ。子ども、特に早生まれの子は呼吸器系が未熟だったりします。気道と肺音聴診するしかありませんね。

  • 零花

    勿論、この企業だけでないですし、情報が出ている店舗だけでもないのでしょうが。単なる指導程度では済まされない話といえますね。

  • 零花

    知らぬ存ぜぬで確信してたのでしょうか。確信による事実が遅れる隠蔽。仕方なく情報出し。反省していない一過性の対応と判断します。

  • 零花

    他店舗もですよね。つまり客寄せ目的。転売含めた詐欺すら確信します。広告チラシの『ほぼ皆無の特価欠品の他商品売りつけ』と同じ。

  • 零花

    色々なモノの見方があります。そして、コンビニなど必ず来るような土地では、のらりくらりと寝かせておく事も。

  • 零花

    『今流行りの不動産』。『その前の流行りがおよそ売り抜けた』メディア相性抜群。朝日新聞不動産。本体大本利益。介護施設系列も。

  • 零花

    もちろん冗談ですが。関係性がないのに突然の告白は一番困りますよね。『いい人』でいたいって思わない勇気。

  • 零花

    私のオススメは、かぐや姫のお題。夢の目標を与えて二度と戻ってこれないような断り方がいいかも。達成したら素直に折れるしかありませんものね♪

  • 零花

    こちらも厳しい焦点が求められます。非常勤教諭は問題なければ継続になりますが。場合によっては他の学校に求められる事があります。

  • 零花

    最近の話だと。今後!わいせつ教師の他教委履歴共有も行われます。雇用方法が非常勤の方は登録待ちでの採用ですが。

  • 零花

    公務員系列の非常勤賞与記事もでましたが。この非常勤枠は家で育児や公に言わない副業がある層。受け持ち担任でなく残業も当然なし。

  • 零花

    調べによりますと、推薦進学者組の低迷が問題になったり、内部進学組についても右往左往の印象が拭えません。この記事から分かるのは立志の低さですね。

  • 零花

    一年浪人→一般合格→飛び級→京大編入→官公庁コースなんて、夢ある変則進路(難易度は別にして)が魅力ですが。反面、上と下で差がありすぎる問題も出ています。

  • 零花

    また関西学院大学ですという印象ですが。記事に直接関係するのか分かりかねますが。層は内部進学組(比較的高所得者層世帯)、推薦組(学力、スポーツ)、一般組。

  • 零花

    改めて、行政としても、養育環境の保護についても、地域と連携して論じ直す必要があるかもしれませんね。

  • 零花

    子どもが我慢すべきなのか、大人が我慢すべきなのか。保護者の問題だけにするのか。交通弱者を踏まえるのか。解決策の視点。複数あります。

  • 零花

    日本人をどう語ろうとコメントでは自由ですが。主語を勝手に大きくして代表面で話すのは男はー女はーレベルの詐術。説得力に欠けます。

  • 零花

    ないねす→ないです、ね。訂正失礼します。

  • 零花

    素直さがないなぁ。

  • 零花

    >アイスの実さん。子どもの安全を守ることは別に証明前提の話でも日本人だけでもないねすけど。社会環境の大切さを理解していますか。

  • 零花

    私は、架空とも、みんな子供大好きなんて意見を言ってませんよ。日本人の大半と勝手に主張することの否定。話を逸らさず反省しましょう。

  • 零花

    子どもの人権については権利の章典などの歴史があり。戦後から徐々に法整備獲得してきたものです。 通報義務1つなかったですもの。

  • 零花

    厚生労働省の国民衛生の動向や子ども白書など。様々な統計資料が存在しますが。出生数で判断し、日本人が~なんて論調は問題があります。

  • 零花

    虐待増えているのは、潜在黙認されてきたものの認定が増えたからですよ。

  • 零花

    今は違うよ?H29年? 日本人は子どもを産むなよ、ですか。社会に守られてきたあなたにどういう権利があって、臆面なく否定するのです?

  • 零花

    あなた個人の価値観でしょ。大半というのも意味不明。どういう統計なんです。冷静に考えなくてもあなたの願望であり残念な妄想ですよね。

  • 零花

    笑、で逃げてどうするの。アイスの実さんは著しく社会性に欠けた話。勝手に他人を主体にして自分を正当化しているだけでしょ。

  • 零花

    大半というのも意味不明。

  • 零花

    アイスの実さん。子どもは誰しも多くの大人から守られていたのですよ。他人の代表面しないでほしいですね。日本人は~も意味不明の論調。

  • 零花

    みんなってだーれ?

  • 零花

    子どもの交通事故は大人が一番気を付けないとダメなのです。『生物学的に注意力が低く、視点が低く、危機判断能力が低い』だけ。

  • 零花

    子どもの遊びについて。一人遊び~協同遊び、構成遊び、模倣遊び。成長視点があって。心身だねでなく社会性の獲得機会に繋がるんですよね。

  • 零花

    私もクロノさんの意見に賛成かな。子どもって何処でも場所さえあれば、遊び回るんですよー。

  • 零花

    >アイスの実さん。日本人は子供を産むなよ→みんなの迷惑。その『みんな』ってだーれ? あなたが 一体どれほどの存在なのでしょうね。

  • 零花

    数字を上げ下げ簡単なのですし。何を期待するのやら。

  • 零花

    形而上の参考()支持率。『内訳を見せず土日含まず非一般的な少数統計の世論詐称』ですもの。その数字で一喜一憂。統計学の信用でも参考不可。建前的なバラツキ算出方法ですもの。

  • 零花

    余談ですが。朝食抜きは、若年性骨粗鬆症。精神失調。インシュリン抵抗性の減退。代謝問題を引き起こします。初めは無症状で軽視しがちです。

  • 零花

    朝食抜きにより臓器負担が偏り健康障害が起きます。胆石症の分類ですが記事は誤解の生む書き方。(コレステロール系よりビルカリ系ですし)

  • 零花

    記事では、中国人でしたね。日本人も決して他人事ではない傷病ですので留意した方がいいかも。胆石の数は特に多すぎるという訳ではありません。

  • 零花

    珍しいタイプの結石です。黒は鉄分主体ですから。治療後も生活習慣の改善をしなければ、また再手術することになるかもしれませんね。

  • 零花

    朝食抜きで貧血傾向の生活をしてきたとも捉えられます。通常は代謝の為の女性ホルモン変化や食の欧米化、高齢化、日本人体質も影響します。

  • 零花

    胆石症ですか。女性が好発、自覚症状低く成人10人に1人の傷病。黒色色素系はビルカリ。若年性で貧血傾向、痩せに多く肝機能も低い傾向。

  • 零花

    皆様はご存じでしょうが。市民団体や地方行政として止められない等二枚舌。アメリカの苦言には国が問答無用で対応してますし。政治保身の言い訳も半分嘘。

  • 零花

    この件で『日本の責任ガー』なんて叫んでいる人は、約束を守らない人間に対して甘く、嘘をつかれた側が悪いと責めるタイプなのでしょう。

  • 零花

    韓国が慰安婦像を他国で建てたり、誤解英語で宣伝したり、ネガティブキャンペーン。ですが同時に現地人の実態は誰もが韓国のことを迷惑に捉えています。

  • 零花

    今の日本政府や日本人世論にとってもはや問題解決など必要なく、韓国側の『金の無心』や余計な関わりを断つことが大切です。

  • 零花

    慰安婦申請の数は年々変動し、突然増加し、当時の実態年齢のルールとズレまで生じて。自国の日本にしてきた悪行については閉口し、二枚舌。

  • 零花

    嫌いな日本国に自称元慰安婦が観光しつつ活動し、 橋下知事に慰安婦としての話し合いを求められると、不都合なのか逃げる始末。

  • 零花

    日本が勝手に謝ってるだけに過ぎない。金だけの問題にしているなど。手口をかえて厚顔無恥な自国を省みない恨み節。

  • 零花

    日本を貶め日韓関係を今に続く経緯で拗らせた村山談話から『何度も問題にしないと約束しお金を補償してきた』のに何度も金の無心を韓国政府がしてきました。

  • 零花

    安倍談話で現世代に問題を持ち込ませない姿勢を明示したのは英断でした。国連で朝日新聞捏造を指摘した外務省の仕事含めて既に風向きも変わっています。

  • 零花

    慰安婦の経緯や朝日新聞の捏造。反日敵国。ライダイハンや過去から今の韓国内での現状。北朝鮮支援団体。日韓基本条約。言葉を返せばキリがありません。

  • 零花

    韓国を約束事で国際的に信用しない。断交する。米国立ち合い、不可逆でさえ解決されなかったというのであれば、もはや国交自体に疑念が生まれます。

  • 零花

    約束を守ってないことを日本の責任にするのは愚かしいですし、元々韓国政府側の打診ですから。何一つ日本国が譲歩する必要がありません。

  • 零花

    解決されなかったのではなく、約束を韓国が一方的に守っていない。日本としては終わった問題として括るのが正しいです。

  • 零花

    片手間でごめんなさい。メディアが世論で『減少』を主張した場合、偏向目的の報道として疑う必要があります。是非は別にして。経緯を再確認したいものです。

  • 零花

    内容は最低です。でも実際、そういった方法をとられて流される方もいます。表で共有すれば長期的に対策がとりやすくなります。

  • 零花

    批判しません。代わりに、こういう指摘ができる賢い人に法的問題点を指摘させ、速やかに改正されれば。報奨金を与えてほしいかも。

  • 零花

    適度であればお通じ等様々に効果的ですが。反対に、度の過ぎた筋トレについては、心臓負担を強め、腹圧などで内蔵を傷めます。梗塞・内出血による弊害も起きやすくなります。

  • 零花

    膝の皿が減り手術、転けてからの骨折。様々なフォローが変わります。高齢になる度に脂肪比率が増える為、相対的に循環対策で重視されます。

  • 零花

    筋力は、生涯鍛え続けることができます。特に足腰は特に車椅子になるかどうか。老いて目に見えてが分岐します。

  • 零花

    それと、常日頃運動をして筋肉がつかない、見た目痩せ体質の方もいらっしゃいます。消化器官の環境が主に一般より偏りがある為、決して本人が運動していないせいではありません。

  • 零花

    骨格によっては、筋肉のつきやすさ。効果も変わりますし。30歳以降からは俊敏性も落ちていきます。インナーマッスル含めて、見た目に拘らない運動が大切です。

  • 零花

    私の知る範囲ですが。子どもの頃に運動で鍛えたマッスル。これらは、成人後、運動で得られる一般的な最大筋肉量となります。運動習慣がない方が突然筋トレしても限界があります。

  • 零花

    ウォーキングやヨガ含めて適度な運動は全身の循環動態を改善し、適切な食事によって生涯的な心身の健康状態を補整します。筋トレはどうでしょうね。

  • 零花

    あるなら、いいですね。

  • 零花

    聞く→訊く、ですね。訂正ごめんなさい。

  • 零花

    医療者の方は、数多くの生活視点があって、確信抜きにでも今回の死因について考えていると思われます。ご家族の方も聞くべきです。

  • 零花

    薬の影響。一人だけを監視できませんから水を飲みすぎ(1日で数キロ増加)で、拘束されたり。それだけでも突然の心不全を起こします。

  • 零花

    ミトンを食い千切ったり自分のベッドごと壁を蹴り飛ばしたり。拘束解除しても自覚症状のない人は問題をすぐに起こし再拘束になります。

  • 零花

    もちろん患者の権利。大切な一人の人間として守られるべき部分がありますが。現実、誰もが危機なく自分の身を守りたいと思っています。

  • 零花

    毛を沢山抜かれてしまって悲惨な事になったり、注意しても人間ゆえに確実ではない事故話は何処でも事欠きません。騙し騙しな現実です。

  • 零花

    実際、精神疾患病院の職員だけでなく、訪問看護介護の職種。一般老人福祉施設など。噛みつかれて手が麻痺したり、跡になったり。

  • 零花

    コメントで幾つか書かれていますが。職員が怪我をさせられても泣き寝いりです。反対に取り押さえで抵抗されて相手が怪我すれば賠償。

  • 零花

    暴れまわっている時に注射をするにしても拘束をしなければ、大変危険だと考えられます。

  • 零花

    そして起きていないトラブルで注射するというのは患者人権上、困難です。毎回人員が要るわけではないので薬効の効果時間もあります。

  • 零花

    鎮静剤を打つ。筋肉注射など。通常暴れ回るタイミングでは注射や投薬もされます。拘束なしだと針刺し事故(血液感染含め)の危険性。

  • 零花

    連投ごめんなさい。医療者に責任があったにせよ。大事なら『お任せ安心』の綺麗事だけで済まないと思いますよ。限界があります。

  • 零花

    一方で。弾性ストッキングは履いておらず。血栓の予測ができてなかったのかもしれません。具体的な部分がわからないですね。

  • 零花

    失禁や排便のオムツ外しや点滴外し、異食行動、自傷癖なら、胴と両手は問題なく含まれます。足と肩が含まれるなら力もあるのでしょう。

  • 零花

    夜勤状況は当直医師は通常直接病棟には入りませんし。看護師は2・3名程度で50人を越える程の人間を相手にしなくてはなりません。

  • 零花

    難しい問題ですが。この件に関して、拘束の状況は日中一時解除、寝るときのみ拘束の可能性も。ミスリードかもしれませんね。

  • 零花

    拘束の数を変えてないなら疑問点が出てきます。自傷行為のおそれもありますし。担当医の稼働不足(診察医の遅延)も想像できます。

  • 零花

    拘束中に暴れて静脈血栓が飛んだという可能性も。弾性ストッキングはどうか。10日間拘束をし続けるということは医療保護でしょうか。

  • 零花

    日本の出産医療安全は世界一・二ですから、欧米式になれば、不可避リスクの上でも求められるハードル当然高くなります。麻酔選択含めて非常に危うい医療ですもの。

  • 零花

    無痛分娩というより麻酔分娩。およそ万に1つ重大な医療事故。原因不明。良くても後遺症。検査入院やあらゆる手術目的も例外ではありません。

  • 零花

    遺族には失礼承知で『子どものことを深く考えていなかった』と思います。事態を他人任せ。不運ですましたくないなら、現実をみなさい。

  • 零花

    頭に血がのぼって他人の人生を傷つける罪深さを忘れてしまっていますね。原因にまっすぐ向き合わず自分の怒りを慰めるだけ。

  • 零花

    加えてあとは、役員報酬型の人間ですね。公務員枠も色々ありますが・・・おそらくそういう事になりますよね。後出し改正も視野の内。

  • 零花

    経営者以外は特に問題のある制度ですね。派遣や外国人を雇い潰す環境作りでしょうか。経団連と政府の利害構想の一致。

  • 零花

    読んで。http://numb86.hatenablog.com/entry/20120523/p1(h抜きは御容赦下さい)

  • 零花

    私個人の共同体主義的な視点ですが。元より多様性社会はそれだけで自由主義と個人主義を包括する優れたシステムではありません。

  • 零花

    多様性と言いつつ、自分の旦那が日本人なのに、あれほど差別的な発言ができるのも、中身が知れていますよ。

  • 零花

    そもそも多様性ですらありませんよね。厳密には日本中華化が目的。自分の代だけでなく次世代を捩じ込める環境も求めているのでしょ。

  • 零花

    子どもは相変わらず二重国籍なんでしょ。何不都合なことは黙っているのですか?

  • 零花

    反省のフリが通じず、いよいよ面倒になって、開き直りですか。自分、親子含めた祖国の為でしょう。日本一の『主権侵害者』。大悪党。

  • 零花

    口直しついでに。ネットにも国家資格者や特定身分しか得られない情報があります。ネットもテレビもソレ自体が表の全てと考えてはいけません。

  • 零花

    な→ね、ですね。ごめんなさい。

  • 零花

    博報堂の企図について色々思うところがありますが・・・。私よりコメントの方がよく考察理解なさっていることかもしれませんな。

  • 零花

    当たり前ですが。質問の仕方1つで狙って出せる統計もあります。そういう『気付き』こそ情報リテラシーとして大切ではないでしょうか。

  • 零花

    皆さんが平日に仕事や学校に通う時間帯。特定の地方。家に電話がかけられたり。更にそれらを誰がどのような方法で『監査』をしているのか。

  • 零花

    統計の信用度。中学生は標本調査を学びますよね。では800という数が本当に分布に偏りがない有効数字なのか。記事1つ疑問点があるわけです。

  • 零花

    たとえばテレビは納豆アミラーゼやマイナスイオン、水素水。一度曲げれば世間を曲げる極端な偏向に溢れています。人間を介するSOを学ぶこと。

  • 零花

    私達の世に役立つ研究論文では寧ろテレビこそ信用されません。ネット引用1つ扱えないようでは恥をかきます。大切なのは情報元を明示すること。