ニコニコニュース(オリジナル)

 インターネット上で試合を中継する女子プロレス団体・19時女子プロレスが2011年8月12日、ニコニコ生放送(通称、ニコ生)で試合中継を行った。19時女子プロレスがニコ生で試合中継を行うのは初めて。その記念すべき第1試合に、なんと現役の小学生が出場した。小学6年生のプロレスラー・くるみ選手(アイスリボン所属)だ。

 くるみ選手は今年4月に小学6年生になったばかりの11歳。プロレスファンの母親の影響でプロレス教室に通うようになり、2010年5月3日に後楽園ホールでデビュー戦を戦った。得意技はジャーマンスープレックス。夢はベルトを取ることだという。19時女子プロレスには2011年4月1日に初参戦し、今回で8戦目となる。

 試合は19分1本勝負。対戦相手は女子プロレス界のエース候補とも言われる志田光選手(23)だ。その年齢差は実に12歳。一回りも歳が違う相手との対戦に、コメントでは「これ対決なりたつのかよw」、「小学生w無理があるwwww」などの声も上がった。しかし試合が始まると、くるみ選手の小学生とは思えない奮闘にコメントが殺到。コーナーからの必殺のボディプレスや、ヒップドロップが決まると、「すげえ小学生だなwwwwww」、「すげええええええええええええええええええええ」と大盛り上がり。惜しくも試合には敗れたものの、「くるみ!よかったよー!」、「俺、今後の注目選手にくるみ加えるわ」など、賞賛の声が多数コメントされた。

 次回の放送は8月19日の18時から。8月21日に行われる後楽園大会に向けての決起集会、そして19時女子プロレスの第83戦が行われる。小学生とは思えない実力派小学生プロレスラー・くるみ選手の奮闘に注目だ。

(佐竹祐哉)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] くるみ選手出場試合から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv59550162?po=news&ref=news#23:38
・19時女子プロレス - 公式サイト
http://19pro.ne07.jp/

全文を表示