ニコニコニュース(オリジナル)

 東京・原宿のニコニコ本社内のカフェで、科学実験料理を食べられる「サイエンス・キッチン~アリエナイ理科ノ料理~」が2011年9月4日まで開催されている。8月20日には、その料理の一部がニコニコ生放送「サイエンス・キッチン~アリエナイ理科ノ料理~」で紹介された。なかでも視聴者の目を引いた青色のカレー「食欲減退ブルーカレー」を試食したニワンゴ取締役のひろゆき氏は、「カレーとして全然食える」と味に満足した様子だった。

 番組の講師を務めたヘルドクタークラレ氏によると、「サイエンス・キッチン~アリエナイ理科ノ料理~」のテーマは「化学と料理の融合」。「材料は皆さんが普段から口にしているもの。レストランに届く前の、製造の段階でやっていること。こんなものを食べてんだということが身近になれば」とその趣旨を説明する。

 番組中、視聴者の反応が最も大きかったのは、青色のカレーだ。まず、炊きたての青いご飯が登場した瞬間、画面は驚きのコメントで埋め尽くされた。「青い着色料は何で作っているのか」との質問にヘルドクタークラレ氏は、「石油系です」とだけ語った。続いて青色のカレールーが出されると、ひろゆき氏は戸惑いを見せていたが、食べはじめると表情が変わり、「このカレーが食えるかどうかは、単純に根性の問題だと思う。カレーとして全然食える」と、味に太鼓判を押した。

 この青いカレーは8月21日から9月4日のあいだ、ニコニコ本社内「TEA ROOM 2525」で「食欲減退ブルーカレー」として実際に食べることができる。

(鏡)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]青いカレーの登場部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv59877728?po=news&ref=news #51:19
・ニコニコ本社 - 公式サイト
http://www.nicovideo.jp/honsha


全文を表示