後天性サヴァン症候群―脳への衝撃で一転、理系の天才に
マイナビウーマン

ある朝目を覚ますと、身の回りの見え方がガラッと変わり天才に変わっていた、なんて映画のような体験をしている人、わずかながら確かに存在しています。

【頭を打った少年、目覚めたら天才的な音楽の才能が芽生えていた!】

ワシントン州に住むジェイソン・パジェットさんは、12年前の2002年9月のある晩、カラオケ店へ向かう途中に2人組の強盗に襲われました。当時31歳だった彼は、頭を強打し意識を失い、その後病院に運ばれたものの、その夜のうちに帰宅したそう。

異変に気づいたのはその次の朝。彼は自分の視界が変わり、今まで気付く事の無かった細部まで見えるようになっていたことに気づきました。バスルームに行き蛇口をひねると、水の流れの中に垂直なラインが放出されているように見えたそう。

彼はこの経験について「最初は驚いて自分が心配になったが、あまりに美しいので立ったままじっと見つめてしまっていた」と、ニューヨーク・ポスト紙に語っています。

この後、彼は仕事に行くのをやめ、全ての時間を数学と物理の勉強に費やすように。彼の性格もまた変わり、社交的だったこれまでと一転、内向的な性格になり、ほとんど家で過ごすように。窓をブランケットで多い、人と会うことも避けるようになったそう。

ばい菌に対しても非常に敏感になり、手が赤くなるまで洗うようになり、娘の手に触るときすら、洗ったことを確認するまでは触れないまでになったとか。

彼の検査にあたったフィンランドの医師Berit Brogaard氏によると、パジェットさんの脳は左側、特に頭頂葉がより活発化していたとのこと。脳への衝撃により神経伝達物質が彼の脳の左部分に大量に集まり、脳内構造を変えたと考えられています。

こうした後天性サヴァン症候群が確認された患者は世界でも40人程とかなり少ないものの、自閉症患者の中にもサヴァン症により数学など理系分野で著しい才能を持った人が存在します。

大学中退でお父さんの家具屋を手伝っていた彼は、その後再び大学に復帰。今後、天才的な数学の頭脳を活かした活躍をするのでしょうか?

How a brain injury turned an average Joe into a math genius who is among only 40 people in the WORLD to have released an ‘inner Einstein’ after trauma
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2608861/How-brain-injury-turned-average-Joe-math-genius-40-people-WORLD-released-inner-Einstein-trauma.html

全文を表示