出産女性にとって、人生の一大イベント。育児をしていくなかで、ネイル命だった女性を短くカットしたり、SNSが子の写真アップしたり……。どんどんママらしく変わっていく姿に、まわりがアッと驚いていることもあるよう! 今回は「ママになった女友だち」のエピソードを、女性たちに聞いてみました!

■外見の変化に然!

・「ヤンキー気味だったのに、ガールみたいな母親になっていた」(28歳/融・券/事務系専門職)

の変化がファッションにも表れたのでしょうか。そのふり幅の大きさに、周囲は驚愕!?

■付き合いが悪いのは仕方ない?

・「クラブ通いしていた友だちが、まったく遊びしてくれなくなった」(31歳/マスコミ広告事務系専門職)

・「子ども一筋になり、今までの会には参加せず、ママ会にしか出なくなった」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自由だった日々が一転、子どものために分刻みで用事をこなす毎日スタートしたママたち。周囲に悪いと思いつつも、子どもを優先しなくてはならないことが多くなります。だからといって、周りに迷惑をかけていいわけではありませんが……。

■性格にも変化が!

・「おっとりしていた子だったのに、ママになってからは聞いたことない芯の太いで、人前で気で怒るようになった」(25歳/アパレル・繊維/秘書アシスタント職)

・「不妊治療中に作った『赤ちゃんができたらしたかったこと』リストを1つずつ実行してSNSアップしていく友人が怖い」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

本人にとっては「ママなら当然」とも思える変化。子どもがいたら、もはや、なりふり構っていられない……?

■良い変化があったパターン

・「うるさいとすぐに周囲にブチ切れていた友人が、子どもの癇癪でも耐えられるようになっていたのには驚きを隠せなかった。になったのだと微笑ましく思った」(32歳/医療・福/専門職)

・「ずぼらで部屋も汚く少し不潔な印だった友人が、ママになってから除菌にうるさくなり神経質になったので驚きました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ママになることによって、慢強くなり清潔に。これは好印ですね!

変ぶりにビックリ」という事例が飛び交う結果に。けれども将来、自分に子どもができたら同じように変わってしまう可性もアリ! ここは「お互いさま」の精で、小さなことにはをつむって、おおらかに構えていたいものですね。

※『マイナビウーマン』にて2014年3月Webアンケート。有効回答数164件。

(OFFICE-SANGA 中澤美紀子)

ママになってまるで別人に豹変!? 「ヤンキーが森ガールに」「親になるとわかるよ、を連発」