ナリナリドットコム

6月3日発売の「なかよし」7月号(講談社)で、17歳の漫画家・長谷垣なるみの新連載「利根川りりかの実験室(ラボラトリー)」がスタートする。原作はシリーズ50万部突破「浜村渚の計算ノート」の青柳碧人による書き下ろしで、科学ギライの主人公と天才科学者たちが織り成す、ふしぎ系・科学日常ミステリーだ。

長谷垣は2012年、15歳のときに投稿作「ディア→ディア」で、圧倒的な画力とキャラクターの魅力で好評を博しデビュー。Twitterなどネットでも「15歳とは思えない!」と話題になり、その後、3作の読みきり・前後編の「なかよし」掲載を経て、今月号より新連載に挑戦する。

見どころは長谷垣の描く“魅力的なイケメン科学者たち”。また、東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCASTの監修により、「へえ!」と驚く科学の面白い知識も満載で、同誌編集部は「理系進学志望が増加するこの時代、10代男女の科学好きを増やすきっかけになる漫画にしたい」と意気込みを語っている。
全文を表示