メンズブラが可愛すぎる
Excite Bit コネタ

先日、テレビを観ていると、自身のコーディネートについて解説中のピース・綾部を目撃。なんとトップスもパンツも、イタリアから取り寄せたブランドのレディスものでキメてました。いや、あの人は色んな意味で突き抜けてますけども、男がレディスを着ること自体は珍しくない。私にも経験があります。
しかし、下着はそうもいきません。女性もののアンダーウエアを男が身に着けたら、違う意味になってしまいますよね。……が、現代は選択肢も豊富。男性用のブラジャーなんてものも発売されています。
と言っても、あまり派手じゃないやつが多い印象。そりゃ、そうですよね。だって、メンズなんだもの。

しかし! 超可愛いメンズブラが発売され、しかもそれがウケているらしく。ランジェリーショップの「ウィッシュルーム」は、その名も『可愛すぎるメンズブラ』なるシリーズを2009年より発表し続けているそうです。
「それ以前よりメンズブラの製造・販売を行っていたのですが、お客様から『レディスブラのテイストでメンズブラを作ってほしい』という要望が寄せられたんです」(同社・土屋さん)
そのリクエストは、同社にとっても渡りに船だった。商品のバリエーションは広がるし、何より面白そう!

というわけで、「可愛すぎるメンズブラ」がどんだけ可愛いのかは画像を参照してください。……可愛い。小っちゃなドットプリントにリボンとフリフリフリルレースを飾った、とってもラブリーなデザイン! 中央に配された大きなリボンにも目が行きます。
これは今年の5月に発売されたメンズブラで、シリーズ中でも特別な人気を誇ったタイプだそう。
「『究極のものを作ろう』と意気込み、昨年末から半年かけて製作したブラでした」(土屋さん)
結果、これが見事に売れた。予約段階で完売状態に達してしまい「今回のはすごく良かったです!」と、熱い反響も寄せられたらしく。

ここで、気になりました。そのような反響を寄せる、「可愛すぎるメンズブラ」を愛好する、そういう人たちって、どういう人たちなんでしょうか。例えば、女装家さんとか?
「女装を趣味としている人たちは、メンズものを身に着けません。女性ものを着ます。キワモノに思われるかもしれませんが、いたって普通の男性のために作っているブラなんですよ」(土屋さん)
へぇ~! でも、ならば、なぜ普通の男性が「ブラを着けたい」という発想に至るのかしら?
「ブラジャーは女性のもので、本来は男性下着ではないですよね。でも、『女性の気持ちって、どんななんだろう?』、『ブラジャーの着け心地ってどんな感じなんだろう?』と、ブラへの興味が湧く男性もいらっしゃいます。ノーマルな方の中にも、そう考える男性はいらっしゃるんですよ」(土屋さん)
なるほど。『可愛すぎるメンズブラ』を着けているのは、女性を好きな、性癖もノーマルな男性のようです。

では、特にどの辺の年齢層が『可愛すぎるメンズブラ』を購入しているんですか?
「年配の方が多いですね。いわゆる“中間管理職”の人からの反響が目立ちます」(土屋さん)
上からも下からもいろいろと言われがちな、普段からストレスを抱えがちな方々による購入が多い模様。
「僕も一日ブラを着けてみたことがあるんですが、ストレスがふわっと和らいでいくんですよ」(土屋さん)
へぇ~、そういうもんですか! 私は着けたことがないので、その気持ちはよくわかりません……。
「着けてみたら、わかりますからっ! 確かに着け始めは違和感がありますが、それを突き抜けるとストレスが和らいでいくんですよねぇ……」(土屋さん)

そんな『可愛すぎるメンズブラ』だが、特徴はデザインだけではない。機能面の特徴は、以下です。
・Aカップのみ
・アンダーバストは85cm~
・肩紐が長い
・カップ部分に膨らみがないので、違和感なく着けられる
「とにかく、着け心地がいいです。男性が着けて心地良いサイズのワイヤーを使い、男性の体にしっくりくるブラジャーに仕上げました」(土屋さん)

アンダーバストが100cmの男性に試着してもらったりしつつ、装着感への目配せも怠らず、形となった『可愛すぎるメンズブラ』。同社のウェブサイトや楽天市場店において購入できるようです。
人気を博した5月発表のブラはすでに完売しましたが、月1回のペースで新作が発表される予定です。どんなに可愛いブラが売りだされるのか、来月が待ち遠しい!
(寺西ジャジューカ)

全文を表示