やっぱり悪口は言わない方がいい。脳に少しずつダメージが!―フィンランド
マイナビウーマン

女子会で最も大きな割合を占める会話とは一体なんなのでしょうか。そこにはいない人の批判やうわさ話、ちょっと意地悪な陰口を言い合って盛り上がった経験はあなたにもあるのでは?

【「デジタルに頼りすぎると認知症リスクが高まる」―韓国研究】

人の噂を語り合うゴシップは楽しいのですが、実は知らず知らずのうちにあなたの脳にダメージを与えている可能性があるのです。

フィンランドの脳神経学者トルパネン博士とその研究チームは、平均年齢71歳の1,449人にある調査を行いました。ひとりひとりに普段どれくらいゴシップを流したり、人を批判したり、意地悪な態度をとっているかの質問をしました。

そしてそれが認知症とどう関わっているのかを調べたのです。その結果、ゴシップが大好きな人はそうではない人に比べると認知症になる危険性が3倍も高いことがわかったのです。

研究者たちはさらに認知症とゴシップとの関係を調べていますが、今のところ何が影響して認知症になりやすくなるのかということはわかっていないそうです。

しかし、研究結果にあったようにゴシップを流したり、人の悪口を言うと何も良いことがないというのは事実なので、控えた方が良さそうですね。

異性からみてもいつも悪口ばかりの女子は幻滅されやすいので、いつもニコニコしていて広い心を持つ素敵女子になりたいものです。

Distrusting and Cynical? You May be Hurting Your Brain: Dementia Linked to Cynical Distrust
http://www.scienceworldreport.com/articles/15059/20140529/distrusting-cynical-hurting-brain-dementia-linked-distrust.htm

全文を表示