撮影=岡崎隆生
日刊サイゾー

 フジテレビ系で16日19時から放送されたW杯特番『2014 FIFA ワールドカップ ブラジル デイリー』の平均視聴率が3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、惨敗していたことが分かった。

 同番組は、司会のジョン・カビラや本田朋子アナウンサーのほか、同局のW杯スペシャルサポーターを務める元AKB48・大島優子、お笑い芸人のピース、シンガーソングライターのナオト・インティライミらが出演。前日に行われた日本戦をはじめ、各試合のハイライトを振り返ったほか、水戸ホーリーホックの鈴木隆行、ラモス瑠偉、サッカー指導者の清水秀彦氏が、グループステージ突破を目指す日本の今後について語った。

 また番組後半では、大島が2泊6日で訪れたという現地取材の模様を放送。ブラジル代表・ネイマールの記者会見や、サンパウロアリーナでの公式練習を見学し、「ダヴィド・ルイスいた! うわ~こんな近くで公式練習が見れるなんて夢みたい。ヤバイ!」などと大興奮。さらに、開幕戦のブラジル対クロアチア戦を観戦し、ゴールを決めた瞬間、目を見開いて感激していた。

「同番組は、他局のバラエティ番組などに惨敗。通常、この時間帯の視聴率は、『ネプリーグ』が10%前後を記録しているため、なんとも寂しい結果となりました。フジは今回のW杯で、1次リーグの日本戦の放映権を獲得できなかった。今後、フジが日本戦を放送する可能性があるのは29日ですが、グループCを1位通過しないとかなわないため、なかなか厳しい。W杯の盛り上がりにおいて、他局に置いていかれている印象です」(芸能ライター)

 また、スペシャルサポーターの大島についても、首を傾げる。

「2泊6日のブラジル取材は、大島にとってAKB48卒業後の初仕事。番組ではこれを、卒業公演の映像まで引っ張り出して、何度も強調していた。しかし、9日に放送された『HEY!HEY!HEY! 特別篇 さよなら大島優子AKB48ラストステージ生中継SP』は6.9%と惨敗し、今の大島が数字を持っていないことは証明済み。

 また、大島は開幕戦でスタジアムからレポートしたものの、他局でキャスターを務めるNEWS・手越祐也や、関ジャニ∞・村上信五ほどの役割を果たすわけでなく、ネット上では『大島を映すな』『うるさいなあ』『本当にじゃま』などと、サッカーファンから袋叩きに遭ってしまった。それでも、国民的アイドルのスケジュールを6日間も抑えるために多額のお金が動いている。大島が悪いわけではありませんが、フジがお金の使い方を間違えていると思えてなりません」(同)

 7日に18.7%の高視聴率を叩き出した『AKB48 第6回選抜総選挙 生放送SP』では、AKB48のイベントを大いに盛り上げたフジだが、W杯の盛り上げ方は今一つのようだ。

全文を表示