ニコニコニュース(オリジナル)

 任天堂は2011年9月13日、「ニンテンドー3DSカンファレンス2011」を開催した。このなかで、ニンテンドー3DSソフト『モンスターハンター4』が発表された。また、登壇したカプコンの辻本良三プロデューサーは、『モンスターハンター3(トライ)G』の発売日を12月10日にすると発表した。

 ニンテンドー3DSは2月11日に国内で発売された携帯ゲーム機で、専用メガネを使わず3D映像を見ることのできる、いわゆる「裸眼立体視」を採用している。8月11日には本体価格が2万5000円から1万5000円に値下げされている。

 ゲーム『モンスターハンター』は、カプコンの"ハンティングアクション"シリーズ。ニンテンドー3DSソフトとして『モンスターハンター3G』が発売されることはすでに発表されていたが、今回初めて発売日を12月10日とすることが明らかにされた。

 また、カンファレンスの最後には、新作タイトル『モンスターハンター4(仮称)』がニンテンドー3DSソフトとして開発中であることが明らかにされた。この模様は、ニコニコ生放送で中継されており、プロデューサーの辻本氏が降壇したのち映像が流れ始めると視聴者からは「ん?」「なにこれwwww」「まだあるのか」といったコメントが寄せられていたが、それが『モンハン4』のものであると判明すると、「えええええ」「おおおおおお」といった驚きのコメントに変わっていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]『モンスターハンター4(仮称)』の映像から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv62254222?po=news&ref=news#0:49:24

(土井大輔)

全文を表示