『ファミコン』や『スーパーファミコン』、また『プレイステーション』など、人気のあったゲーム機は、周辺機器も多く発売されました。メーカーの純正のものもあれば、違う会社から「非公認」で発売されたものまであったほどです。今回は、こうしたゲーム機の周辺機器の「あるある」をまとめてみました。

●『スーパーゲームボーイ』を買ったものの、色が付いただけで特に変わってなく、起動も面倒になってすぐにやらなくなった。(男性/34歳/情報・IT)

ゲームボーイでやる方がお手軽ですもんね。

●『スーパースコープ』はゲームよりも「ごっこ遊び」で活用される。(男性/30歳/マスコミ・広告)

バズーカの形でしたから、男の子のごっこ遊びには最適でした。

●大人数で遊ぶためにマルチタップを買うも、めったに使うことがない。(男性/30歳/マスコミ・広告)

人が集まらないと使えませんから、友達がいないと......。

●『ポケットステーション』は『どこでもいっしょ』しかしなかった。(男性/27歳/自動車関連)

確かにそれ以外は印象にないですね。

●『3DS』の拡張スライドパッドを装着した結果、それまで使っていたポーチに入らなくなる。(女性/30歳/アパレル・繊維)

大きめのポーチを買いましょう。

●持っていると奇異な目で見られた『サテラビュー』。(男性/30歳/情報・IT)

スーパーファミコン向け衛星データ放送サービスの受信端末、サテラビュー。持っている人、なかなかいませんでしたからね。

●とりあえず持っとけ的な連射パッド。(男性/33歳/マスコミ・広告)

あると何かと便利でしたからね。

●覚えている人がほぼいない『ハイパーボーイ』。(男性/35歳/ソフトウェア)

『ゲームボーイ』を据え置きゲーム機のようにできるものらしいですが、覚えていません(笑)。

●『スーファミターボ』を買ったものの、ソフトがほとんど出なかった。(男性/35歳/ソフトウェア)

そんなのありましたね! 発売から3カ月でソフトの供給が打ち切られたのだとか。

●『ネジコン』を買ったものの、タイムは大きく上昇しなかった。(男性/34歳/情報・IT)

専用コントローラーを使ったところで、テクニックがないと駄目ですからね。

●置き場所に困る『鉄騎』のコントローラー。(男性/35歳/情報・IT)

そして物置へ......。

●誰も実物を見たことがない『64DD』。(男性/30歳/情報・IT)

確かに筆者の友人たちも誰も持っていませんでした。

●『ゲームギア』の『TVチューナーパック』を買うも、全くテレビが見られなくて封印。(男性/37歳/ソフトウェア)


見られたとしても砂嵐気味で......。

●「おいコレどうすんだよ!」となった『パワーグローブ』。(男性/36歳/不動産)

見た目は格好良かったんですけどね。

●意外と高い周辺機器。(男性/28歳/ソフトウェア)

ゲーム機本体よりも高い商品もまれにありましたからね(笑)。

昔と比べてスタイリッシュで高性能な周辺機器は多くなりましたが、一風変わった周辺機器はとんと見なくなりました。昔の周辺機器は「攻めに攻めていたんだな」とあらためて思わせてくれるラインナップでした。皆さんはどんなゲームの周辺機器が思い出に残っていますか?

(貫井康徳@dcp)


日本のゲームにはないテイスト満載! 洋ゲーあるある

全文を表示