ウレぴあ総研

みなさんは自分の名前は好きですか?
音の響き、漢字の意味、字画。
それぞれの名前は、ご両親などが新しい命を祝福し、その幸せな未来を願ってつけられていることと思います。

そして、現代では多くの場合、名付けをするときにインターネット上の名付けのサイトなどで、名前の候補を調べたり、字画を調べたりすることも多いのではないでしょうか。

そんな中、iPhoneやAndroidで人気の赤ちゃんの名づけアプリ「無料 赤ちゃん名づけ」を提供する名字由来netが、2014年上半期名前アクセスランキングベスト100を発表しました。

今回は、その結果を元にどんな名前にみなさんが興味を持っているのか見てみましょう。

まずは、アクセスランキングの1位から20位までをご紹介します。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

この中で、上位5位までの読み方と意味などを調べてみました。

 1位 【椛 】

この文字を使った名前の読み方:いろは  こころ  はな  もか  もみじ 
漢字の読み方:もみじ、かば
意味:カエデ科の植物の別名。もみじ、カエデ、紅葉
文字の意味自体はもみじということなので、秋から冬にかけて生まれたお子さんにつけるのによさそうですが、「もみじ」の漢字としては「紅葉」の方が一般的かもしれません。名前として使われる際の読み方を見てみると、なかなか読むのは難しそうですが、自然や季節にちなんだ名前となっています。2004年に人名用漢字となっています。

「心桜」、「惺梛」、込められた意味は?

2位 【莉琉 】

この文字を使った名前の読み方:まりる 
漢字の読み方:莉:り・れい 琉: りゅう・る
意味: 莉の文字自体に意味はなく、ジャスミン(茉莉花:まつりか)を漢字で表すために使われているのだそう。基本的にはこの漢字単体で使うこともありません。琉の意味は、つるつるした玉石。
ジャスミンの花言葉は「素直」「可憐」「愛らしさ」などがあるので、漢字から連想させて、このような意味を込めているのかもしれません。また、琉の意味から宝石のように美しい、大切な宝物などの意味を込めることもできそうです。

3位 【心桜】

この文字を使った名前の読み方:こころ  こはる  ここあ  ここな  ここみ  さくら  しお  しおり  しおん  みくら  みさ  みさき  みゆ  みら  りお  みお 
漢字の読み方:心:こころ、しん 桜:さくら、おう
意味:心:人間や生き物の感情、意志、知識、思いやり、情など。桜:バラ科サクラ亜科サクラ属。春の花の象徴。
みんなのよく知る漢字「心」と「桜」を合わせた名前ですが、読み方は多様ですね。「心」を「こ」「ここ」と読ませるのは最近増えてきました。また「桜」は「さくら」とひらがなに分解して、「くら」「ら」などの音だけをもらっている名前もあるようです。桜の咲く頃に生まれた赤ちゃんや、そのお花の可愛らしさから春に限らず、女の子の名前に使われる漢字なのかもしれません。私たち日本人であれば、多くの人たちが大好きな桜という花になぞらえ、誰からも愛されるようにという思いが込められているのではないでしょうか。

4位 【陽翔】

この文字を使った名前の読み方:はると  ひなた  ひかる  ひなと  ひゅうが  ひろと  ゆうと 
漢字の読み方:陽:よう 翔:しょう かける とぶ
意味: 陽:太陽、ひなた 翔:かける、とぶ、とびめぐる
太陽のように元気で暖かいイメージと飛翔という言葉のように、空をはばたくという前向きなイメージで最近、男の子の名前の中の組み合わせでは人気かもしれません。読み方は様々なので、人気ですが、パッと読めない名前と言えるかもしれません。

5位 【惺梛】

この文字を使った名前の読み方:せな 
漢字の読み方:惺:せい しょう さとる  梛:な だ なぎ
意味: 惺:さとる かしこい 梛:なぎ。マキ科の常緑高木。
「せな」ちゃんという名前の響きは最近、ちらほら聞くような印象があります。惺の時には賢いという意味があり、梛は木の意味があるので、賢く伸び伸び育って欲しいという思いが込められているのかもしれません。

ランキングの上位を見てみると、自然にちなんだ漢字、植物にちなんだ漢字も多く使われていることがわかりました。

続いて、21位から100位までのランキング結果です。

また、20位までにランクインした名前の中でなんて読むのかなと気になった名前もいいくつかピックアップして調べてみました。

「華琉甘」…ミルク?

【栗果】

この文字を使った名前の読み方:りか 
漢字の読み方:栗:くり  果: か
意味:栗:ブナ科クリ属の木の一種。 果:くだもの、きのみ、はたす、とげる
「くり」のりの音を残して読ませていますね。漢字としては多くの人が知っているものですが、この組み合わせだと、ちょっと読むのは難しそうです。秋のイメージと果物のフレッシュさ、または大きなことを果たす、というような意味にも取ることができますね。

【絆琉】

この文字を使った名前の読み方:はる
漢字の読み方:絆:はん ばん きずな 琉: りゅう・る
意味:絆は、みなさんご存知のように、絶ちがたいつながりのこと。琉の意味は2位にランクインした莉琉というお名前でもご説明したとおり、、つるつるした玉石。
読み方は、「絆」の音読みである「はん」の「は」の部分を残して読ませています。意味としては、絆や自分自身を大切にというような意味などが込められているかもしれません。

【華琉甘】

この文字を使った名前の読み方:かるあ
漢字の読み方:華:か はな 琉: りゅう・る 甘:
意味:琉の意味は、つるつるした玉石。
こちらは、実際に名前を付けた方からの名づけの由来が紹介されていました。カクテルのカルアミルクから。 カルアミルク=甘い 華があって甘い魅力のある 女の子になってほしい。(原文ママ)とのことです。

文字としては、「る」や「りゅう」の読み方の漢字の中では、「琉」がポピュラーになりつつある印象を受けました。読みはその漢字の持つ音の一部分などを読ませていることも多いですね。

今回のランキングは、赤ちゃんの名づけを考えたり、名前について興味を持つみなさんが読み方や意味などを知りたいとアクセスしたランキングとなっていますので、実際に名付けたという名前のランキングと連動しているわけではないと思いますが、それでも、注目度の高い名前、名づけ候補の名前、漢字ではある言えるのではないでしょうか。

また、このように読み方や組み合わせなどの新しい名前が広まることによって、次のトレンドが作り出されていくのかもしれません。

冒頭でも触れたように、子どもたちの名づけには、たくさんの思いが込められているもの。
今まで一般的ではないと思われていた名前もここ数年で認知されてきているものもたくさんあると思います。


最近ではキラキラネームなどが話題に上ることも多く、確かに、幼稚園や小学校のお友達の中にも、ちらほら難しい名前もありますが、きっとお子さんの未来を思って名付けられたもの。わかりやすいことやキラキラし過ぎていないことも重要ではありますが、大切なのは本人が自分の名前を好きになってくれるかどうかということのような気がします。

名づけって色々悩むものですが、これから赤ちゃんに名付けを考えているみなさんは、是非是非、お子さんたちが一生付き合っていく名前ですので、素晴らしい名前をつけてあげてくださいね!

参考資料:「参考資料 無料 赤ちゃん名づけ」

全文を表示