ナリナリドットコム

百田尚樹氏のベストセラー小説を、主演・岡田准一をはじめ三浦春馬、井上真央ら豪華俳優陣の出演で実写化した映画「永遠の0」(山崎貴監督)。そのDVDとBlu-ray Disc(以下BD)が(ともに7月23日発売/アミューズソフトエンタテインメント)、それぞれ今週8月4日付けのオリコン週間DVDおよびBDランキング(集計期間:7月21日〜27日)に初登場。DVDは総合首位、BDは総合2位を獲得した。

本作DVDの初週売上4.2万枚は、今年発売された映画DVDとしては邦画・洋画含めて最高の初週売上を記録。また「アナと雪の女王MovieNEX」に次ぐ総合2位(映画部門1位)にランクインしたBDは、本作と同じく山崎監督が手がけた「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(2011年6月発売)の累積売上3.7万枚(2014年8月4日付け時点)を上回っており、邦画BDとしては歴代最高売上枚数となる5.4万枚を発売初週にして記録した。

昨年12月に劇場公開され、60年の時を超えた“愛の物語”を映像化した本作は、原作者の百田氏をはじめ多くの共感を獲得し、興行収入87億円、観客動員700万人突破の大ヒットを記録。また昨年夏に復活を遂げたサザンオールスターズの「蛍」が主題歌に起用され、その壮大なストーリーに華を添えている。
全文を表示