ニコニコニュース(オリジナル)

 麻雀漫画『天 -天和通りの快男児』に登場するキャラクター・赤木しげるの命日にちなんだイベント「アカギ13年祭」が2011年9月25日、東京・新宿にある赤城(あかぎ)神社で開催された。この中では奉納麻雀が行われ、『天』の作者である福本伸行さんが役満「国士無双」を上がり勝利した。この模様はニコニコ生放送でも中継された。

 『天』に登場する"天才ギャンブラー"赤木しげるは、作中で1999年9月26日死去となっている。その孤高の生き様から、福本作品や麻雀ファンの間で根強い人気があり、2009年9月27日には赤木の命日をしのんだイベント、「アカギ墓碑開眼・十周忌法要」が開催されている。さらに、赤木が亡くなって13年目の今年は「アカギ13年祭」が開かれ、作者の福本さんと声優の植田佳奈さんが奉納麻雀を行うイベントも行われた。

 その奉納麻雀の対局で、植田さんリードで迎えた東場3局・3本場、福本さんは役満「国士無双」が狙える配牌。福本さんは最初から「国士無双」に定めて打ち始める。視聴者からは「ざわ・・・ざわ・・・」などのコメントが寄せられ、盛り上がりを見せる。

 流局まであとわずか。そのとき、福本さんは「国士無双」をテンパイする。同巡、植田さんは残り2つとなっていた福本さんの当たり牌「東」を引いてしまい、ためらわずに捨ててしまう。その牌で福本さんは、見事に「国士無双」を上がって大逆転。最終的にトップとなった。福本さんは、赤木の命日にちなんだ麻雀の対局を、"勝利"と"役満"で飾ったのだった。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]東場3局3本場、福本さんの第1ツモ部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv64512809?po=news&ref=news#01:48:09

(山下真史)

全文を表示