Youtubeなどのウェブ上にアップされている動画から1曲エントリーし、その投票数と審査員の審査によって順位を決めるイシバシ楽器主催のコンテスト「イシバシバンドコンテスト7」。その中のアコースティック部門にエントリーしている「Lighthouse」は、各局ラジオでパワープッシュされるなど徐々に知名度を上げてきている。

 そんな彼の楽曲『北極星』が現在、話題の音楽サービス「Frekul(フリクル)」にて、期間限定で無料配信されている。

 イントロで展開される壮大で力強いサウンドは、聴き手を引き込んで離さない。Lighthouseの伸びやかで男らしい存在感のある声で歌われることで、都会に生きる人を歌う歌詞が聴き手の心に力強く、よりまっすぐに届いてくる。演奏も歌を引き立てるように力強い。

 2012年より東京都内を中心に活動しているソロアーティスト・Lighthouseは、ヤマハが主催する日本最大規模の音楽コンテスト・オーディション「The3rd Music Ravolition」に入賞。アルバム「Deep Focus」を発売すると、音楽雑誌「Player」のMOVE ON12で紹介。FM44局放送されているインディーズ・アマチュアアーティストパワープレイラジオ「STAR DREAMER!」や、武部聡志氏がDJを務めるInter FMの「Music Master」での楽曲紹介、FMSalusの「muse amuse」ゲスト出演、ラジオ日本の「ROCK RUSH RADIO」4月ベストデモ音源に選出されるなど、評判が軒並み高い。今年の7月12日に行われたワンマンライブは成功を収め、ライブ活動でも人気を高めてきている。

 「誰かにとっての何らかの灯となれるような歌を唄うことを信条に活動をしています」と語る彼。”Lighthouse”とは港に立つ灯台のこと。夜の船人に明かりを届けるように、彼の唄が今日も誰かの心に明かりを灯す。(津田 聖治)

 【Lighthouse】
 鹿児島県出身のシンガーソングライター。2012年より東京都内で弾き語りを中心に音楽活動を開始。以降、さまざまな地域のイベント出演など幅広く活動しており、今年2月には自主制作のアルバム「BLUE HEART」を発売。綺麗さと力強さを兼ね備えた楽曲と存在感ある声には定評がある。現在、イシバシ・バンドコンテストのアコースティック部門に参加中。

  Lighthouse 無料配信ページはこちら(Frekul)

「Lighthouse」