2001年に楽曲「砂に枯れた花」が、“NACK5 MUSIC CHALLENGER”グランプリ受賞し、惜しまれつつも2004年に解散した実力派4ピースロックバンド「SICK TRAVELERS」が、約9年ぶりに活動を再開した。
 
 メンバーは、手塚治虫「ブラックジャック」OVA版主題歌を担当したバンド「RHODES」「ANOT­HER MOON」のボーカル松原康治とベース島田貴斗。Psychedelic Lollipopで活動していた阿部隆之(Gt)、藤木直人を始め、Kinki Kidsなど数多のアーティストのサポートドラムを務める雑賀泰行。各自著名なアーティストの奏者として活動している凄腕ばかりだ。

 そんな彼らの巧みな演奏が詰まった楽曲『名残』は現在、話題の音楽サービス「Frekul(フリクル)」にて期間限定で無料配信されている。

 壮大で一体感のある彼らのグルーヴは抜群で、思わず耳が引き込まれる。テクニカルなギター、うねるベース、メリハリの効いたドラム、伸びやかな松原の歌声が、体温のように力強くも温かく心を包む。サウンドプロデュースには、AKB48を始め、AAA、Fantastic Plastic Machine、西城秀樹などのレコーディングやライブに参加している吉本匡孝が担当している。

 9年ぶりに動き出したSICK TRAVELERS。百戦錬磨の強者である彼らの、力強くも細やかなサウンドがまた帰ってくる。(津田 聖治)

 【SICK TRAVELERS】
 松原康治(Vo)、阿部隆之(Gt)、島田貴斗(Ba)、雑賀泰行(Dr)の4人で2000年に結成された実力派ロックバンド。2004年に一度解散するが、2013年に再結成。ノスタルジックで切ないメロディーながらも、力強く骨太な演奏は表面の激しさよりも、内面から攻めてくる地響きのようなサウンド。

  SICK TRAVELERS 無料配信ページはこちら(Frekul)

実力派が集結したロックバンド「SICK TRAVELERS」