シンガーソングライター「奥 由李亜」
芸能ニュースラウンジ

 2010年に音楽活動を開始、精力的にライブを行うも、2012年に一時休止していたシンガーソングライター「奥 由李亜」が再始動した。最近では、レストラン自由が丘OTTOや、Bar高円寺AfterHoursでレギュラーを務め毎月ライブを行っている彼女の楽曲「stories」が現在、話題の音楽サービス「Frekul(フリクル)」にて、期間限定で無料配信されている。

 繊細なピアノで始まる楽曲「stories」。そばに寄り添うような優しい声色を軸に、要所に魅せる豊かな表現力が彼女の武器だ。自身がYoutubeで配信している岡村靖幸「カルアミルク」のカバーでは、しっとりとしたサウンドの中、その魅力ある声が耳を惹く。

 上京後、東京文化服装学院に入学しデザインや製作を学びながら、モデル業やファッションショーのリーダーを務めるなどファッション関連の活動を行っていた。その経験から、舞台で表現することの楽しさを知った彼女は2010年に音楽に目覚め、ゼロから音楽を学び始める。試行錯誤しながら、作詞作曲やライブ活動を重ね、翌年にキングレコードからメジャーデビューしたマスコーラスグループ"Be Choir"のライブやレコーディングに参加。日比谷公会堂、渋谷duo music exchange、東京キネマ倶楽部などのステージに立った。2012年4月に初のシングルCD「stories」を販売するも、一時活動休止。そして、昨年の12月から一人弾き語りのスタイルで再びスタートを切った。

 自らを「歌うお洋服屋さん」とし、「A Lily*」というグッズも販売する「奥 由李亜」。ファッションで培った美的センスのある音楽は、独自の世界観で人々を魅了する。(津田 聖治)

 【奥 由李亜】
 北海道釧路市出身シンガーソングライター。上京後、デザインやファッションを学びながらモデルなどを経て、2010年から音楽活動を開始。絵やファッションなどの経験で得た幅広い視点から独自の音楽を表現している。

  奥 由李亜 無料配信ページはこちら(Frekul)

全文を表示