ミステリアスな雰囲気を持つ「藤堂ユリカ(とうどうゆりか)」。ファンからはユリカ様とよばれるほど、キャラ設定を徹底的に演じてる彼女は、人間と吸血鬼の間に生まれた推定600歳、永遠の刻を共に旅してくれる下僕を探しているのです。そんなユリカ様の魅力と正体、ご紹介しちゃいます。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■吸血鬼の末裔です。

 吸血鬼の末裔キャラ設定を完全に、そして徹底して演じているユリカ様。その雰囲気でゴスロリアイドルとして人気を集めています。キャラ設定のために食事はもちろん、私生活、部屋の内装、そしてベッド代わりに寝ている特注の棺桶に至るまで、とても努力しているのです。そんなユリカ様に「是非、下僕にしてください!!」と望むファンが急増しました。

 高飛車でクール、そして歩く時は日傘を愛用し、人前ではローズティーかトマトジュースを飲む程の徹底ぶり。そんなユリカ様が一番好きなものは・・・にんにくたっぷりラーメン!!!

 吸血鬼の嫌いなにんにくを食しているじゃないですか!!(笑)出前を取る姿を写真集に撮られてしまい落ち込みひきこもるように。下僕のファンたちは、それはそれは心配したことでしょう。

■キャラとは別人、実は地味なんです。

 いつもは吸血鬼の末裔としてツンデレにふるまっているユリカ様。入学時は今とは180度違うほどのじみーな感じで、アイドルになど絶対になれそうもなくらい控えめな女子でした。地味なユリカ様、すごーく可愛いです(笑)

 そんなユリカ様を変貌させたのが「Loli GoThiC」の服との出会いです。服を見た瞬間に自分が幼いころから好きなマンガのキャラにぴったりと思い、このブランドに合うキャラを演じようと思ったんですね。

 「そんなにユリカ様に血を吸われたいの?」という決め台詞があります。これかなり学園内にもファンが多いのです。夜のトレーニングと称して、夜の徘徊をおこなっているのですが、ユリカ様に血を吸われたいファンが順路で出待ちするほどのカリスマ性を発揮しています。ファンと交流を深め、どうしたらファンに喜んでもらえるか?など深いファン愛を原動力に、今の藤堂ユリカがユリカ様でいられるのです。

■こだわる大切さ。

 ユリカ様の代表曲といえば「硝子ドール」です。今までのかわいい・セクシーなドレスではなくゴスロリを基調とした紫が本当に素敵で、曲もすごくノリがよくかっこいいです。それゆえに衣装のレア度も高く、いまだに根強い人気があります。ユリカ様は吸血鬼の末裔ですから努力なんてありえないと、日々の練習やハードなトレーニングをサボろうとするお茶目な一面も人気の一つです。運動が苦手なのもありますが(笑)

 しかし、吸血鬼の末裔でもトレーニングは必要と紫吹蘭ちゃんに言われ、妥協する形でトレーニングに取り組みます。が、日傘は離さない徹底ぶりはさすがですね。そんなユリカ様ですから人が見ていないところでもずーっとキャラを崩さずにいます。さすが。

 そんな姿を美月に認められ、紫吹蘭(しぶきらん)が抜けた後のTristarのメンバーに抜擢されました。努力が実った瞬間でしたね。まさにこだわり続ける強い意思と想いが報われたのだと涙してしまいました。

 彼女のこだわるキャラをファンも大切に思っていますし、そしてユリカ様もファンのために演じています。そんな藤堂ユリカにこの先もずっと虜になり、いつまでも血を吸われたいと思うファンが、今後さらに増えていくと思うと楽しみで仕方ありません。


藤堂ユリカ(アイカツ!-アイドルカツドウ!-)の画像や関連記事はこちら


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:かおちょこ(キャラペディア公式ライター)

(C)SUNRISE/BANDAI.DENTSU.TV TOKYO

(C)SUNRISE/BANDAI.DENTSU.TV TOKYO