使うと 意識不明も!声の変わる「ヘリウムガス」で死亡事故続出―豪ニュース
マイナビウーマン

ヘリウムガスは、吸うとドナルドダックみたいな声になって面白い!という理由から、パーティーなどでよく使用されることがあります。ところが、そのヘリウムガスを吸うと命の危険に関わることも。

【今すぐやめて!タバコと同じくらい健康によくない生活習慣6つ】

■ヘリウムガスで意識不明も!

ヘリウムガス=「楽しい」というイメージしか持っていなかったあなた、要注意です!

使用方法によっては、死に至ってしまう超危険なヘリウムガス。続出する死亡事故を受けて、オーストラリアでは様々な規制の動きが出ています。

オーストラリアの人気番組「Talkin’ ‘Bout Your Generation」にて有名セレブなどがヘリウムガスを面白おかしく使用していること対し、ガス業界がヘリウムガスの乱用に厳しい警告を発令。

また、ガス供給業者や、過去にヘリウムガスをテレビで使用したことのある俳優らによる啓蒙広告も開始。

2011年にJournal of Forensic Sciencesが行った調査によると、オーストラリアでは2005年7月から2009年12月までの間に79人もの死者を出しています。
また、Office of National Statisticsの調査によると、2013年にはイギリスで62人の死者が出ており、2008年と比べると500%増というものすごい勢いで死亡事故が増えてきているのです。

では、実際にヘリウムガスを吸うと、私たちの体に何が起こっているのでしょうか?

オーストラリアのガス供給会社BOCの話によると、ヘリウムガスを吸うと肺の中の空気とヘリウムガスが入れ替わるのですが、これは溺れている時に空気と水が入れ替わってしまうのと同じ原理。急に意識を失ったり、呼吸が止まってしまったりして死亡してしまうことがあるのです。

医師に聞く!ヘリウムガスには体への影響がある?>>

保険専門コンサルタントのグレッグ・マックグルダー医師は、酸素の割合が18%以下になると呼吸停止の症状が現れ始めると説明。ヘリウムガスは酸素と入れ替えることができるので、ヘリウムガスを急激に吸い過ぎてしまうと酸素の割合が減少し、呼吸停止や死亡事故につながるというリスクが!

ヘリウムガスの入った風船は、ヘリウムガスが100%含まれているものが多いので、これを吸うのは非常に危険。

一方、酸素が混じっているヘリウムガスなど、安全性を強調したヘリウムガスも多く販売されています。

しかし、オーストラリアのガス供給会社BOCのコンサルタント、ダミアンの話によると、今後規制の対象になるのは風船だけではなく、声を変える目的で作られている酸素が混じったヘリウムガスも含まれるということ。いくら酸素が混じっているとしても、へリウムガスをどのくらいの速さで、どのくらいの量を吸い込むのかは人や状況によっても異なるので、一概に安全とは言えないとのこと。

また、今回のヘリウムガス規制の主な理由としては、テレビでコメディアンやセレブ達が面白おかしくヘリウムガスを使用することで、それを見ている子供達がヘリウムガスの安全な使用方法も知らないままにヘリウムガスを吸って死亡してしまう、という事故を防ぐことが目的。

ヘリウムガス=「楽しい」というだけのイメージは払拭していかないといけないようです。

これからパーティーシーズンの到来となりますが、ヘリウムガスの乱用にはくれぐれも注意が必要です!

参考サイト:
Inhaling gas from helium balloons no laughing matter, it can kill
http://www.news.com.au/lifestyle/health/inhaling-gas-from-helium-balloons-no-laughing-matter-it-can-kill/story-fneuz9ev-1227123616851

Helium inhalation – it’s no laughing matter
http://www.partyplus.com.au/Articles-and-Resources/Articles-and-Resources/Helium-inhalation-its-no-laughing-matter.asp

全文を表示