あの、驚愕のヨシエの姿がついに解禁!
クランクイン!

 フリーホラーゲームを実写映画化した映画『青鬼』のヒットが記憶に新しいところで、フリーホラーゲーム『DEATH FOREST 恐怖の森』の実写映画化も決定した。不気味で恐ろしい場面写真と予告編も解禁となった。

【関連】ヨシエに遭遇したら最後!ガクブルすぎる『DEATH FOREST 恐怖の森』場面写真

 『DEATH FOREST 恐怖の森』は2014年にKazz氏が製作し、7月にリリースされて間もなく、ニコニコ動画やYou Tubeの実況プレイ動画再生数が300万回を超えた。ゲームプレイヤーが絶叫、実況動画の視聴者までもが絶叫してしまう、主人公をどこまでも追って来る謎の生き物、巨大な顔の「ヨシエ」のインパクトは強烈。

 映画の舞台は東京から程遠い某県の森の中。キャンプを終えて帰路についていた紗季たちは、突然車が故障して立ち往生。陽が暮れていく森の中で一人の男と遭遇。男は「あいつらを見てないのか!? ここに来た事を後悔するぞ」と紗季らを不安に陥れ、恐怖に怯えた様子で車に閉じこもる。紗季たちは助けを呼ぶため来た道を戻ろうとするが、懐中電灯が照らす先に、口の周りがべったり赤い血に染まった不気味な生き物が現れる…。

 監督は、オムニバス映画『恋につきもの』などで注目を浴びる若手監督、一見正隆。主人公紗季を演じるのは、ミスiDオーディションの“大号泣自己紹介動画”が話題のサブカルアイドル緑川百々子。『サマータイムマシン・ブルース』の川岡大次郎も出演。

 主人公たちは死の森に潜むヨシエから逃げきり、生きて森から脱出することはできるのだろうか。劇場版になって生まれ変わる『DEATH FOREST 恐怖の森』は12月20日より、ユーロスペースでモーニングショー。

全文を表示