ニコニコニュース オリジナル

 13年連続で3万人を超える自殺者を出している自殺大国・日本。この3万人も警察が認定した数であって、実数はもっと多いと言われており、自殺未遂者に至っては、100万人を超えるという話もある。中でも深刻なのは、20代の「若者」の自殺が増加傾向にあることだ。2011年10月26日放送の「ニコ生ノンフィクション論」では、自殺問題を取材しているノンフィクションライターの渋井哲也氏と大月智博(ロブ@大月)氏をゲストに迎え、若者の自殺について考えた。

 番組冒頭に行った視聴者アンケートでは、75.3%が「自殺を考えたことがある」と答えるなど、この問題に関心のある視聴者が集まった同番組。さらに視聴者から寄せられたメールから「自殺は本当に悪いこと?」と問うと、「はい」が32.7%、「いいえ」が67.3%と、半数以上が自殺に否定的でない見方をした。

 結果を受けて、司会の藤井誠二氏は、

「社会が不況だからとか、人間関係が希薄になっているとか、いろんな専門家がいろんな理由をつけているんだけど、僕は土台が変わってきている、意識のベースが変わってきている気がする」

と述べ、ゲストに見解を求める。

「98年に取材を始めた時から、取材した相手がいつも同じことを言っていますけど、『頑張った先に何があるんだ』と。結局、『大変なだけじゃん』と言う。大変さだけが将来見えていて、その中に楽しさを見つけられる人が減ってきているのではないかと思っています」(渋井氏)
「若い世代が全部割を食うのが目に見えている。希望を持てない社会である以上、その結果として、『希望を持てないのであれば、いてもしょうがないじゃないか』ということで、自己否定感で自殺を考えても仕方ない社会なんじゃないかとは思います」(大月氏)

 番組ではコミュニケーションや精神科医についてなど、命を食い止める力についての考察もあったが、取材の過程で厳しい現実を見てきた出演者たちの話からは、問題の複雑さが際立った。藤井氏は最後に、

「われわれは宗教者でもないし医者でもないし、誰かが誰かを救うというのはなかなか難しいと思うが、(1年間に3万人が自殺するという)現状は明らかにおかしい。一生懸命これを忘れずに記録し、伝え続けていく」

と話し、今後も定期的にこの問題を取り上げていくことを約束した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「自殺は本当に悪いこと?」部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68194891?po=news&ref=news#54:27

(野吟りん)

全文を表示