キャリコネ

クリスマスを目前に控えた12月21日午後、若者やカップルで賑わう東京・渋谷で「恋愛資本主義反対」を掲げる集団「革命的非モテ同盟(通称:革非同)」が「クリスマス粉砕デモ」を実施した。

今回参加したのは社会人や学生、ニートら25人。「クリスマス粉砕!」と書かれた横断幕を掲げ、警察官に誘導されながら渋谷の街中を30分かけて練り歩いた。

「広告代理店のせいで非モテが苦しんでいる」

参加者は拡声器を使い、「我々はモテない人々の集まりです。モテない人を不幸にするようなイベントを粉砕します」と沿道に説明。全員で

「リア充は爆発しろ!」「カップルは自己批判せよ!」「恋愛資本主義粉砕!」

などとシュプレヒコールを上げた。

デモを主催した革非同の革命評議会議長、マークウォーター氏(39)は、「日本のクリスマスは宗教的なものでも何でもない。広告代理店が作り上げたもの」と指摘し、デモの趣旨についてこう説明する。

「この時期になると、世の中全体がクリスマスを楽しまないといけない、カップルで過ごさないといけない、という雰囲気になる。しかしそのために、モテない人々は苦しんでいるのです。こうした強制的とも言っていいイベントに抵抗するために、粉砕デモを行なっています」

もともと革非同も、初代の代表が女性にフラれたことをきっかけに結成されたもの。クリスマス粉砕デモはバレンタイン粉砕デモ、ホワイトデー粉砕デモと同様、2006年からほぼ毎年開催しているという。

非正規雇用だけでなく「非モテ」の格差もある

キャリコネニュースは参加者にも話を聞いた。22歳、彼氏なしの女子大生は革非同のデモに参加するのは今回が3回目だといい、

「そもそも日本人はほとんどが仏教なんだから、クリスマスは関係ないはず。クリスマスに躍らされるのではなく、一人で過ごす強さを持つべき」

と「リア充」批判を展開。デモで「非モテに愛を! 非モテに福祉を!」と叫んでいた40代童貞、非正規社員の男性も、「非モテ差別をなくすべき」と主張する。

「結婚して家族持ちになれば、子ども手当てがもらえるが、非モテの独身者には何もない。正社員と非正規の格差だけでなく、モテと非モテの格差も解消しなければならない」

ただ、沿道から見ていた人の反応は冷ややかだった。友人と渋谷に遊びに来ていた10代の女性は、

「クリスマスは大事なイベントなんだから、素直に楽しめばいいのに。公共の場で主張するようなことじゃない」

とデモに否定的。30代の会社員男性は「『リア充爆発しろ』とか言っている割には、みんな笑顔で楽しそうだった」と首を傾げていた。

ニコ生視聴者の4人に1人は「日本の誇り」と賞賛

デモ終了後、マークウォーター氏は参加者に対して「みんなの力で今年もクリスマスを粉砕できたと思う」とアナウンス。

「これからクリスマスが来るけど、万が一、当日に寂しくなったら、『クリスマスはあのとき粉砕したんだ』と思い出してもらえれば。そして2月のバレンタイン粉砕デモにも、ぜひ参加してください」

と呼びかけていた。

解散後、マークウォーター氏と革非同の中心メンバーら数人は、近くの喫茶店でデモの反省会を行った。メインのコールよりも大きい声で独自の主張をする人がいたために、デモの主張が分かりにくくなったという指摘が出たほか、女性の参加者は数人の男性参加者が拡声器で卑猥な言葉を叫んでいたことを問題視。

「デモ隊には女性もいるのだから配慮して欲しい」

と訴え、マークウォーター氏も「そうした点も含めて、次回から改善していかなければならない」などと話していた。

ちなみに、このデモの様子はニコニコ生放送でも中継された。多くの人は楽しんで見ていたようで、放送終盤に実施された視聴者アンケートでは、デモについて「気のどく」という回答が25.5%あったものの「引き続き見守りたい」が最多の27.8%。「日本の誇り」と好意的に見る人も24.0%いた。

あわせて読みたい:共産党の躍進にネット興奮!?

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

 

 

全文を表示