地球ヤバイ!2015年1月5日に無重力状態になるという噂が拡散!
秒刊SUNDAY


NASAによると、来年の1月4日9:47(日本時間の2015年1月5日2時47分)に地球が無重力状態になるというツイートを行っていると話題となっている。理由としては惑星直列が発生し、その影響で地球の重力に大きな変化が現れ、地域によっては5分間ぐらい無重力状態になるというのだ。そんなことが本当にありえるのであろうか。5分間無重力となれば、既に大騒ぎとなってもよいはずだが。


―惑星直列とは

惑星直列とは、太陽系内の惑星が太陽に向かってほぼ一直線に並ぶ現象です。ちなみに過去には1982年、1666年、1817・・・とワリと頻繁に発生しているようで、最近では1982年に「太陽系惑星が直列して地球に大規模な天変地異が起こる」と予測され、特番なども組まれていた。

ちなみに次回発生の予定は「2161年5月1日」となっており、我々が生きている間は発生しません。ということで1月4日に無重力になるというのは単なるデマということになりますが、今回は空気を読んで「何!マジでか?どういうことだ?」ということを探ってみます。


―ヤバイ!NASAが言っている

おおよそ以下の内容のようだ。

・ 木星のまうしろに冥王星が通過。
・ 一時的に地球の重力に対抗し地球が無重力状態。
・ ジャンプすれば3秒ぐらい浮く。
・ と、NASA(Twitter)が言っている。

ということだ。他の惑星によって地球の重力に変化があるというのは確かに「月」の引力により地球上の潮の満ち引きがあることを踏まえるとあながち無くはなさそう。

しかし、過去に惑星直列が発生しても何も起きなかったので、3秒浮くというのは期待は薄そうだ。
それ以前にNASAのツイッターを見てもその日にはそんなことをつぶやいていないのだ。残念賞。

ちなみに万が一無重力となれば地球はどうなってしまうのでしょうか。
地球上の空気が宇宙空間にプシューと風船の空気のように噴出してしまうのでしょうか、ああ恐ろしい。

とはいえ、50億年後には我々太陽系の寿命が尽きて消滅する可能性が高いわけで、遅かれ早かれ地球はなくなってしまうのは事実です。


掲載元
http://www.buzger.com/fr/en-janvier-la-gravite-sera-reduite-pendant-environ-5-minutes.html

(秒刊ライター:たまちゃん)
全文を表示