アイドルや声優のブームが盛り上がるにつれて度々話題となるのが危険な観客の存在。12月27日に開催された「THE IDOLM@STER MILLION RADIO SPECIAL PARTY 02 ~Welcome!! 2015年~」で流血騒ぎがあったとネット上やツィッター上などで話題となり、暴徒化する心無いファンの存在が再び非難を浴びている。

ラジオの公開録音で若手人気声優、山崎はるか、田所あずさ、麻倉ももが出演することでファンの間でも注目されていたイベントだが、「厄介」といわれる周りに迷惑をかける一部観客が暴れて暴力沙汰になったとのこと。

彼らの迷惑とは「集団で前列を占拠、過激なコールや奇声を発する、前の列を押し退けて最前列へ出る」といった行為さらには周りの制止を振りほどいて爪で引っかき流血騒ぎに発展したという。またこの迷惑客は全く関係ない別の声優の名前を叫んでいたというからさらにタチが悪い。居合わせた観客が怒りの告発をツイッター上に綴っている。

いわゆる「イベンター」と言われる集団は、声優やアニメのファンというよりも単に騒げる場所を探して暴れる。ある程度有名な声優や、定着したイベントの場合、徐々にイベントでのルールが徹底されるため徐々に対策が重ねられどんどん自由が失われていくが比較的新人声優や、対策が十分ではない主催イベントなどを嗅ぎ付けて周りの迷惑を顧みずに各所で暴れるのが特徴だ。

昨日からスタートしたコミケでも度々列崩壊など、マナーの悪い観客の存在が指摘されているが、声優やアニメ関係のイベントに限らず、このような「厄介」な客は次々と場所を変えて出没するだけに、いたちごっこというのが現状のようで、主催者にとっても非常に迷惑な存在である。

全文を表示