カワイイと女性、子どもから人気の女装パフォーマー・レディビアード
NEWSポストセブン

 2014年の新語・流行語大賞にノミネートされた言葉の中に「女装子(じょそこ)」がある。ネット上では有名男子校の文化祭でのミスコンテストが可愛いと評判だし、東大話法で知られる経済学者の安冨歩氏は女装する東大教授としてテレビ出演した。映画『海月姫』では、俳優の菅田将暉の女装男子ぶりがカワイイと評判だ。やはり女装は一般化したのか。

 1月26日から『女装の軌跡と幸福論』と題した写真展をひらく女装コーディネーターの立花奈央子さんは「全年齢層で女装をする人が増えましたよ」という。

「昔は女装というと『性癖』だったのですが、最近は軽い変身願望で、ファッションとして女物を着るアトラクションのようなニュアンスが加わり、すごく敷居が下がりました。コスプレする感覚に近いと思います」

 実際に前出の安冨教授は2014年10月のテレビ出演時、女装を始めたのは1年前で50歳になってから、好きになるのは女性なので、女装が自分のスタイルだとなかなか気づけなかったと告白していた。

 では、女装はいつからカジュアル化したのか。

 性癖として取り組む人が大半だった状況が動き始めたのは、2000年ごろにネットスラングを中心に「男の娘(おとこのこ)」という言葉が使われ始めてから。「男の娘」はマンガ等でジャンルを確立し、2009年に社会進出をした。5月に女装メイドがいるお店「男の娘カフェ&バーNEWTYPE」が開店し「男の娘ブーム」がやってきたのだ。ここでいう「男の娘」は、単純に女装をする男性のことを指している。

 このブームを境に、女装の容姿レベルは格段に高くなったと前出の立花さんは言う。

「一番大きいのはネットで情報が簡単言えられるようになったことですが、女装という文化に女性が関わるようになったことの影響も大きいと思います。敷居が下がったことでタブー感が薄れ、女装を女友達や恋人と共有する人が増えましたね。20年くらい前は、やり方がわからなくて濃すぎるメイクなど過剰になってしまう人が多かった。でも、女性のアドバイスを受けられるようになって、メイクもファッションも程よくきれいにする情報を得られるようになりました。

 メイクを教えると、男性のほうがお手入れとかマメな人が多いので、あっという間に美肌になったりするんですよ。6年前からメイクや衣装を用意して撮影する女装スタジオを開いているのですが、撮影用の服装の傾向も変わってきました。2、3年前はとにかくリボンやフリルがいっぱいついたロリータ服を希望される方が多かったのですが、最近は、女性が普段から着ている服装でという方が多いです。撮影後に外を少し歩いてきますという人も増えました」

 女装姿で街を歩く男性が増えているなど、錯覚だろうと思うかもしれない。だがおそらく、ほとんどの人が気づいていないだけなのだ。都内で働く男性美容師は、最近は女装している男の子が増えたのを実感している。

「僕は仕事でメイクをしているから分かるのですが、本当に女装している男の子が増えたなと思います。パッと見には、細いし、かわいくメイクしているからすれ違った人のほとんどは女の子だと思っているんじゃないかな。メイクをとったときの骨格が頭に浮かばないと気づけないと思う。髪をカットする接客をしていても、今は若い男の子ほど日焼け止めや保湿に気を配っていて、女装しなくてもかわいらしくなっているなと思うことが多いです」

 カジュアル化した女装はさらにすすみ、最近ではカップルで女装スタジオを訪れ、おそろいの衣装で撮影をすることも少なくない。女装をきっかけに交際に発展した男女もいるそうだ。男女がお互いに似合う服やメイクを選びあうことが親密なコミュニケーションを生んでいるらしい。

 現在のようにカジュアルに女装に取り組めるようになったのは、インターネットの発達と、日本の「カワイイ」文化のおかげだろう。

「インターネットのおかげで、興味はあるけれど知るすべがなかった人たちのところに女装の情報が届くようになりました。若い子はメイクも動画で自習してますね。それと、女装が『カワイイ』と肯定されるようになったことも大きいと思います。女優さんやモデルみたいな美しさはなくても、その人のいじらしさがとても『カワイイ』姿に見せていたり、体型はものすごく男性的なんだけれど、内面の乙女らしさが『カワイイ』につながったり。

 意外に思われるかもしれませんが、女装するようになると、絶対に女性にモテます。お肌のお手入れとかヒールが高い靴で歩くこととか、女性が手間をかけて努力していることを感じて、普段から思いやれるようになるからです。そして、仕事もしっかりできて、頭が良い男性ほど女装の完成度も高い。男子校の女装がネットでよく話題になりますが、偏差値が高い高校ほどレベルの高い女装になりますね」(前出・立花さん)

 日本は世界でもっとも先鋭的に「カワイイ」文化を邁進した結果、内面を反映する、本当の意味でのファッション性に目覚めた。とにかく野暮ったさが目立っていた日本人男性のファッションセンスは、あと数年で世界がうらやむ水準に達するのかもしれない。

全文を表示