筋トレで大切なことは毎日やらないこと!
マイナビウーマン

腰痛予防だったり、引き締まったカラダをつくるためだったりと、様々な目的を持って筋トレをコツコツ続けている、という人は多いのではないでしょうか。「筋トレ」は、筋肉に負荷を与えていきます。そのうち、それと同等な負荷がかかっても、じゅうぶんなパワーが発揮できるようになります。

【あなたの「筋トレ」は間違っているからやせない!―「×毎日やる」「×1日中やる」】

そうなれば、筋トレの成果はあった、といえます。

しかし、筋トレを続けている人の中には、思うように筋トレの成果を感じることができず、思い悩んでいるという話を聞くことがあります。そのようなケースに多いのは、筋トレを続ける上で、ある大切なことを忘れているということです。

「筋トレで大切なことは?」というと、「○○キログラムの重りをつけられことが目標!高い目標設定が重要。」「何回くらい頑張れるか」「どれくらい自分を追い込めるか」といった、筋肉を鍛え上げる意気込みが伝わってくるような回答が多いです。

こういったことも大切なのですが、忘れがちな重要ポイントがあります。それは、「休むこと」です。

「筋トレは毎日行わなくては、効果が得られない」と思っている人が多いようです。

毎日、筋肉に刺激を与え続けると、筋肉が早く鍛え上げられると思うかもしれませんが、疲労が回復しないうちに、筋肉へ負荷をかけても筋トレ効果は思うようには出ません。疲労が回復していないため、筋肉本来の機能を発揮できない上に、負荷によって筋肉を傷めてしまうことも起こり得ます。

筋肉を休ませる時間は48時間から72時間。これは「超回復」といって、元の筋肉の状態よりもパワーアップするのに必要な時間と言われています。そのため、筋トレは、毎日行うのではなく、週に2~3回がベストということになります。

パワーアップするための休養には、バランスのとれた栄養と快適な睡眠環境のもとでの、じゅうぶん睡眠が必要です。「毎日筋トレしなくては!」と意気込んでいる人は、休養もトレーニングの一部としてスケジュールを立ててみて下さいね。

■著者プロフィール
檜垣 暁子(ひがき あきこ)。オールアバウト 肩こり・腰痛ガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/51/ カイロプラクティック理学士・日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。現在は、横浜市に治療室を開院し、日々、肩こりや腰痛を始めとする不調を訴える患者さんの診療に当たっている。

全文を表示