全米が震撼!朝食時にドッキリを仕掛けた夫が驚いた妻に拳銃で銃撃される!
秒刊SUNDAY



銃社会のアメリカでまたしてもシャレにならない事件が起きた。
ノースカロライナ州ファイエットビルで暮らしているセグル夫妻宅にて発砲事件が発生。夫のジア氏が胸を撃たれて病院に運ばれた。
警察の調査により、彼を撃ったのはジア氏の妻のティファニーさんだったことが判明。しかもジア氏は、妻を驚かせようとして仕掛けた幼稚なイタズラのせいで撃たれたことが分かり、全米で波紋を呼んでいる。


2015年1月9日の朝。フォートブラッグ駐屯地に在籍しているジア・セグル氏(28歳)は、妻のティファニーさん(27歳)を家に残して仕事に向かった。

ティファニーさんは自宅内で一人になると、家の防犯システムのスイッチを入れてから朝食を取り始めた。最近ファイエットビルでは民間人の自宅に押し入る凶悪事件が多発しており、女性が安心して生活するためには防犯システムが必要不可欠なのだ。

おちゃめな性格のジア氏は、その心理を突いたドッキリ計画を考案した。出勤したと見せかけてこっそり自宅に舞い戻ると、警報器を鳴らして正面ドアから自宅内に侵入。強盗の振りをして、驚いて逃げ出した妻を追いかけ始めた。

しかし事態はジア氏の予期せぬ方向に展開する。寝室に追い詰められたティファニーさんは、恐怖のあまり、取り出した拳銃でジア氏に向かってドア越しに発砲した。そして弾丸はジア氏の胸を直撃。自分の夫を狙撃する結果になってしまった。

幸い弾は急所を外れていたため、ジア氏は軽傷で済んだ。同日中に病院から帰宅することができ、「体調は問題ない。」とコメントしているという。

近隣住民はこの件に関し、「彼女が発砲してしまった理由はよく分かるよ。世の中には女性を傷つけようとする連中が多いから、自衛のために神経質になるのは仕方がないからね。」と語っている。


―海外の反応

・とにかく旦那さんが無事で良かったよ。
・これでまた銃問題が議論されるだろうな。
・相手の顔も確認しないで撃つのは無責任すぎるだろ。
・ドア越しに撃つ奴なんているのかよ。なんか怪しくないか。
・夫が帰ってきた可能性よりも強盗を疑うとは怖い話だなぁ。
・この旦那さんはマジで軍人なのか?自宅に銃を置くことが危険だと思わないのかよ。
・少なくとも彼女は侵入者を撃退できたわけだろ。やっぱりもっと銃による武装が必要だよ。
・旦那さんはディナーパーティーの英雄だなw 「みなさん、見ていただけましたか?家内は私の胸を一発で撃ち抜きましたよ!」
・ドッキリで死人が出たら笑い話にもならねーよ。
・いつの日かこの事件が夫婦の間で笑い話になるといいね。

掲載元
http://www.reddit.com/2rwjzj/

(ライター:sha-la-ku)
全文を表示