ウレぴあ総研

1月12日は、そう、成人の日ですね。総務省の推計によりますと、2015年の新成人は126万人。これは21年ぶりの増加だそうです。この126万人が生まれた20年前は果たしてどんなゲームやマンガが流行していたのでしょうか。1995年はずいぶん昔という人も、ついこの間のような気がするという人も、ちょっと20年前に思いをはせてみましょう。

【画像】1995年に流行った懐かしのゲーム、漫画、アニメたち

1995年のゲーム

プレイステーションが登場した次の年
名作ゲームが次々とリリース

任天堂がトップを走っていたゲームの世界に、ソニー・コンピュータエンタテインメントが「プレイステーション」で参入したのは1994年の12月のこと。1995年は2年目ということで、今でもよく知られている有名なゲームがいくつも登場しました。ちなみに家庭用ゲーム機としては、同時期に「スーパーファミコン」「3DO」「セガサターン」といったハードウェアが乱立していた時代でもあります。

「鉄拳」
販売元:ナムコ/発売日:1995年3月31日

当時ゲーセンで人気だった格闘技ゲームの「鉄拳」。そのプレステ版が登場したのが、ちょうど1995年。10連コンボなどの独自システムやパンダを含むユニークなキャラなどで人気となり、現在に至るまでシリーズが続いてます。必死にコンボの練習をした人も多いのでは。

当時アーケードの格闘ゲームといえば、セガの「バーチャファイター」シリーズが人気でした。しかし鉄拳はプレステ版がヒットしたこともあり、徐々に格闘ゲームの王者になっていきます。鉄拳はその後、実写映画やOVAなども作られましたね。

「ウイニングイレブン」
販売元:コナミ/発売日:1995年7月21日

現在も多くのユーザーを抱え、新作も毎年のようにリリースされるサッカーゲームの「ウイニングイレブン(通称ウイイレ)」。第1作の正式タイトルは「Jリーグ実況ウイニングイレブン」で、その名のとおり1993年にスタートしたJリーグが舞台でした。実況は全シリーズでジョン・カビラ。解説にも'97年版からは、松木安太郎など実際の解説者が登場しています。

1996年には、世界のクラブチームと世界各国の代表チームが登場する「ワールドサッカーウイニングイレブン」も登場。日本のサッカーブームとともに成長していきます。Jリーグの選手だけでなく、海外のスター選手の中にも、ウイイレ好きがいるそうです。

中毒性にハマった人多数!?

「不思議のダンジョン2 風来のシレン」
販売元:チュンソフト/発売日:1995年12月1日

現在はWiiでバーチャルコンソール版が配信されている「不思議のダンジョン2 風来のシレン」も、実は20年前に発売されたゲームです。不思議のダンジョンシリーズは遊び始めると止められなくなる中毒性があるので、数時間ぶっ続けでプレイして親に怒られた思い出がある方も少なくないはず。ちなみに筆者は+70まで鍛え上げた「剛剣マンジカブラ」をたった一度の敗北で失って以来、一度もプレイしていません。あの絶望感は凄まじかった……。

「クロノ・トリガー」
開発元:スクウェア/発売日:1995年3月11日

ニンテンドーDSやスマホアプリで幾度となくリメイクされている名作RPG「クロノ・トリガー」。「ファイナルファンタジー」の坂口博信、「ドラゴンクエスト」の堀井雄二、そしてあの鳥山明がスタッフとして名を連ねたことも話題となりました。日本のゲーム業界のツートップがコラボ、なんて言われていました。時間を移動しながらの冒険、そしてマルチエンディングという斬新なストーリー展開に夢中になった人も多いでしょう。ちなみに1995年に発売されたのはスーパーファミコン版で、そののちプレステ版なども登場しています。

1995年のマンガ

1995年は、レジェンドな
マンガの連載が終了した年でした

1995年は何を隠そう、あの国民的人気マンガ「ドラゴンボール」の連載が終了した年です。1984年に始まったこのマンガは、約11年にわたって続き、アニメ作品も大人気。海外でも公開され、いまに続く日本アニメの世界的人気を先導しました。

連載していた週刊少年ジャンプは、1995年の3-4号(発売は1994年12月)に653万部の歴代最高部数を記録しています。ちなみにその号の主な連載は「SLAM DUNK」「るろうに剣心」「ジョジョの奇妙な冒険」「キャプテン翼 ワールドユース編」などそうそうたる顔ぶれです。

「レベルE」
作者:冨樫義博/連載開始:週刊少年ジャンプ1995年42号

「幽遊白書」などのヒット作を生み出してきた漫画家・冨樫義博。他に類を見ない休載率の高さから「休みがちな天才」の異名を持つ彼ですが、20年前には週刊誌で異例の月一連載をスタートさせていました。地球に潜むエイリアンを題材としたSF漫画です。緻密に張り巡らされた伏線と“想像の斜め上をいく”頭脳戦が随所に盛り込まれたストーリーは、まさに彼の真骨頂。今も根強い人気を誇り、2011年には深夜アニメとしても蘇りました。

そんな冨樫先生は、今も「HUNTER×HUNTER」を絶賛休載中……。思えば「レベルE」の月一連載も、「休みがちな天才」としてのスタンスを裏付ける伏線だったのでしょうか……。それにしても20年間もマイペースな連載を貫き続けているなんて、冨樫先生スゴ過ぎませんか?(笑)

「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」
作者:うすた京介/連載開始:週刊少年ジャンプ1995年52号

1995年に連載がスタートした作品といえば、伝説のギャグ漫画「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」を忘れてはいけません。この作品のあらすじは……ここで説明しても伝わる気がしないので割愛します(笑)。意味は分からないけれどなぜか爆笑してしまう、というのがこの漫画の魅力なので、あらすじなんて説明するだけナンセンス。ここではひとまず作中に出てくる主要な台詞だけを列記しておくので、気になる方は自力でゲットしてください!

(↓以下、マサルさん名言集)
「ロボピッチャ」
「ボスケテ」
「さかきばらのぶゆき」
「ヨロシク仮面」
「お題! さばを味噌で煮込んだもの! さばのみそ煮!」

……はい。いかがでしたか? マサルさん読者なら思い出し笑いが止まらなくなるワードばかりですが、読んでいない方はさっぱり意味が分からないと思います。本当に読まないと分からないんです、この漫画の面白さは。

実在の峠を舞台にした走り屋マンガ

「頭文字D」
作者:しげの秀一/連載開始:週刊ヤングマガジン1995年30号

実在の峠を舞台にした走り屋マンガ。昭和の名車であるスプリンタートレノGT-APEX(AE86前期型)──通称ハチロクが、アンフィニRX-7、スカイラインGT-R、ランサーエボリューションIVといった最新鋭の(もしくはそれに類する)スポーツカーを、切れ味鋭いドリフト走行でバッタバッタとなぎ倒すというカタルシスがウケて人気となりました。“下り専門”というマニア心をくすぐる設定も大事でした。

アニメ化、実写化、映画化、ゲーム化と、一連のコンテンツ展開を経ながら、2013年まで連載される長寿作品となりましたが、途中からは週刊連載マンガではおなじみのドラゴンボール的なバトルマンガの傾向が強くなりましたね。「ハチロク」の魅力をあらためて掘り起こした功績は大きく、直接的でないにせよ、トヨタが2012年に「86」をリリースするきっかけにもなったのではないかと思われます。

1995年のアニメ

現在も人気が衰えない
人気アニメが日米で誕生!

1995年は、エポックメイキングなアニメが誕生した年です。特に注目したいのは、社会現象ともなった「新世紀エヴァンゲリオン」。またここで紹介した作品以外にも、「スレイヤーズ」「ぼのぼの」「NINKU -忍空-」といったアニメが放映開始となりました。

映画の世界でもアニメ史に残る傑作が誕生してます。日本では、さまざまな作品に影響を与えた「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」が、アメリカではピクサーによる「トイ・ストーリー」が公開されました(日本公開は1996年)。アニメにおいては、非常に豊作だった年といえます。

新機動戦記ガンダムW
放映開始:1995年4月7日

オリジナルのガンダムの設定である宇宙世紀とは異なる、アナザーストーリーのガンダムシリーズ第二弾。これまでのガンダムシリーズとはまったく異なる設定で、賛否両論を生んだ作品です。

特徴は、その後のSEEDシリーズにも通じる美形キャラたちと、ケレン味たっぷりのモビルスーツデザイン。前作のGガンダムと同様に様々なデザインのガンダムタイプが登場し、ガンダムシリーズの可能性を大きく広げた作品となりました。いまだにファンの多いガンダムのひとつです。

新世紀エヴァンゲリオン
放映開始:1995年10月4日

20世紀のアニメの歴史にその名を刻んだ名作の登場は、もう20年前になるんですね。斬新な設定のロボットアニメかと思いきや、中盤からのシリアスなエピソードや難解な表現技法、容易に理解できない衝撃的なエンディングなどが視聴者の間で騒ぎとなり、むしろ放映終了後に話題となった作品です。タイポグラフィを駆使したテロップのデザインも秀逸でした。また、深夜枠となった再放送での注目度が高く、「深夜アニメ枠」を産むきっかけになった作品でもありますね。

そして注目すべきは、作品内の時代設定が2015年なところ! そう。今年は、第3使徒サキエルが出現した年に当たるのです。そういう視点でこの作品を見直してみると、当時は想像できていなかったであろうスマホが存在していないなど(登場人物が所持する端末は形状が折りたたみ式)面白い発見がありますよ。

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」
監督:押井守/1995年11月18日公開

リアルワールドと電脳空間を舞台にしたサイバーSFアニメ。独創的な舞台設定と映像表現、哲学的なテーマなど、日本だけでなく海外でも評価された作品です。とても20年前のものとは思えませんね。個人的には戦闘シーンのカッコよさにしびれました! そういえば映画「マトリックス」シリーズ(1999年~)にも影響を与えたと言われています。

その後「攻殻機動隊」シリーズは、TVアニメや劇場用アニメとして数多くの作品が制作されています。また最近では、スカーレット・ヨハンソンを主役にハリウッドで実写版が作られるという話も出ています。こちらも期待したいですね。

1995年、アメリカでは…

「トイ・ストーリー」
監督:ジョン・ラセター/1995年11月22日公開(米国)

1995年、アメリカでは「トイ・ストーリー」が公開されました。今やディズニーの一大ブランドPIXARによる、史上初となる長編フルCGアニメーション作品です。CGによる美しい映像とスピーディーなアクション、そして練り込まれたハートウォーミングなストーリーで大ヒット! CGによるアニメーションが興行的にも成功するという、革命的な1本となりました。

トイ・ストーリーはその後、続編が2本制作され、いずれも大ヒット。2017年には最新作となる「トイ・ストーリー4」が公開される予定です。また、監督のジョン・ラセターは、数々の傑作アニメ映画に関わっており、最近では「アナと雪の女王」「ベイマックス」の制作総指揮を務めています。

まとめ

気分はすっかり1995年! あの作品が20年前だったのか……、といった驚きもあったのではないでしょうか。2015年の現在でも、電子書籍やDVDで楽しめるものが多いので、気になった方はぜひチェックしてみましょう!

全文を表示