異物混入に便乗? スナック菓子に「つまようじ」入れる「いたずら動画」に批判殺到
弁護士ドットコム

スーパーに陳列されているスナック菓子の箱に「つまようじ」を突き刺して入れる――。その一部始終を撮影した動画がYouTubeに投稿されて、波紋を広げている。食品の「異物混入騒動」に便乗したとみられるが、動画ページのコメント欄には視聴したユーザーの批判が殺到している。

動画のタイトルは「店の商品にいたずらしてみたw2」。1月11日に投稿され、すでに4万回以上再生されている(13日21時現在)。つまようじを菓子に入れた人物による撮影で、男性らしき声の「実況中継」が入っている。

●「あなたもうすぐ捕まりますよ」

動画は「みなさん、お元気ですか?『店の商品にいたずらしてみた2』でございます」と言いながら、撮影者がスーパーマーケットに入っていく場面から始まる。

撮影者は店内を歩きながら、おもむろに1本のつまようじを取り出す。菓子コーナーに歩いていき、その棚に並んでいたスナック菓子(カルビーの「じゃがりこ チーズ味」)のフタに突き刺す。そして、菓子が入った箱の中につまようじを入れ込むと、そのまま立ち去った。

「ま、こんな感じですね。はい。超余裕ですよ。ということでね、閲覧ありがとうございました」と、撮影者が言いながら商品を買わずに店を出たところで、動画は終わる。撮影者の顔は終始、映っていない。

YouTubeの動画ページには、視聴者から500件以上のコメントが寄せられている。「あなたもうすぐ捕まりますよ」「あなたみたいなのがいるから、みんな困っているんだ」「そこの投稿者!出頭しろぉ!」といった批判が殺到している。

1月5日には、同じアカウントで「店の商品にいたずらしてみたw1」というタイトルの動画も、YouTubeに投稿されている。こちらは、スーパーで売られているパンを手にとって、袋を破いたうえで、そのまま棚に戻している様子が収録されている。

(弁護士ドットコムニュース)

全文を表示