ニコニコニュース オリジナル

 カメラなど精密機器メーカーのオリンパスは2011年11月8日、同社が1990年代ごろから損失計上(決算に損失を反映すること)の先送りを行っていたことが判明したとし、これに関わっていたとされる森久志副社長を同日付で解職した。

 オリンパスでは「独断専行的な行動をとる」などとして、マイケル・ウッドフォード氏が10月14日に突如社長を解任されている。その後、ウッドフォード前社長は、同社が企業買収を行った際、数百億円にのぼる巨額の報酬を助言会社に支払っていたことなどを指摘。同社は第三者委員会を設置し、過去の買収案件について調査していた。

 8日の発表を受け、同日の東京株式市場ではオリンパス株の売り注文が殺到。一時ストップ安となった。昼ごろ行われた記者会見でオリンパスの高山修一社長は、

「全力をあげてそのような事態(=上場廃止)にならぬよう務める」

と語ったが、各メディアでは粉飾決算の疑いが濃厚として、上場廃止もあり得ると報じている。

 ニコニコ生放送では8日夜、オリンパスをめぐる一連の騒動を検証する『緊急特番 オリンパス損失隠し問題 上場廃止か!?~どうなる今後の展開』を放送。当初からこの問題を追っている国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏が問題の真相に迫る。また、放送終了後には、高山社長が行った記者会見の模様をノーカットで録画放送する。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 緊急特番 オリンパス損失隠し問題 上場廃止か!?~どうなる今後の展開 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70170947?po=news&ref=news
・[ニコニコ生放送] 【録画放送・ノーカット完全版】オリンパス高山修一社長 記者会見 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70170291?po=news&ref=news

(土井大輔)

全文を表示