AOL News



生放送でのニュース番組にはハプニングがつきもの。キャスターやリポーターといった人間による間違いはたびたびネットでも話題を集めるが、機械も例外ではないようだ。

米<FOX>のニュース番組のお天気コーナーでのこと。アリゾナ州の現在の気温を紹介しているのだが、どうも様子がおかしい。

http://youtu.be/iXuc7SAyk2s


州都フェニックスでは華氏64度(摂氏18度)など、この季節では十分ありうる気温が表示されているのだが、その南にあるGila Bendという場所だけはなぜか750度(約400度)になっていたのだ。

おそらく75度(24度)の間違いと思われるが、予報士は「ワーオ、Gila Bendでは750度だってさ(棒)」と一応驚いてみせた。しかし、「ええっと、(フェニックス郊外の)Ahwatukeeでは1270度(688度)で...」と、もっと強烈なミスが。

やや動揺しながらも、「避難を呼びかける権限は僕にはないけれど、この気温はあまりにも高すぎですよね。Cave CreekやFountain Hillsもよろしくないようです。Wickenburgに至っては、壊滅状態ではないでしょうか。今すぐ逃げ出すことをお勧めします」とコメントした予報士。
「Scottsdaleは問題ないですが、周りの街の気温が尋常ではないのでどうかと思います。私は皆さんの父親ではありませんが、自分なら逃げますね。(こんな気温なら)鋼だって溶けちゃうはずですし、(避難しても)略奪の心配すらないでしょう」と、うまいことまとめようとしている。

単なる機械のエラーと言ってしまえばそれまでだが、映像は公開からわずか2日あまりで250万以上の再生回数を記録する人気ぶり。コメントも1,400をゆうに超え、

「この数字が本当なら生存者いないだろ...」
「1350度(732度)の町の名がSurprise(びっくり)とか出来すぎw」
「この予報士なかなかやるな」
「見事なポーカーフェイスっぷりだ」

と、予報士のアドリブを賞賛するコメントなどが寄せられている。

全文を表示