SNSで喧嘩になった相手に油「本当に炎上」させた女子高生が逮捕!法廷で大号泣
秒刊SUNDAY



アメリカ合衆国ジョージア州の裁判所にて、一人の女性に実刑判決が下された。被告は、マイゼラ・アームストロング(19歳)。彼女は、Instagram(インスタグラム)という画像共有サイト上で口論になった知人に沸騰させた油をかけるという衝撃的な報復を行った。その結果、被害者は皮膚移植を要するほど深刻な火傷を負ってしまった。裁判中、「ごめんなさい…、ごめんなさい…。」と大粒の涙を流しながら許しを乞うマイゼラの悲痛な叫びが法廷中に響き渡っていたという。


事件の発端は2年前にさかのぼる。マイゼラはインスタグラム上で、意見の合わないクラスメイトと激しい口論を展開していた。暴言はどんどんヒートアップし、遂には「直接会って決着をつけよう」という結論に達した。

完全に頭に血がのぼっていたマイゼラは、二人の友達と共に待ち合わせの駐車場に向かう。この時マイゼラ達は、沸騰させた油を携帯して決闘に臨んでいた。そしてターゲットを発見すると、車のドアを開けて中にいたクラスメイトに思い切り油をぶっかけてしまった。

油は被害者のアシュリー・ハーディーの足を直撃。彼女は第二度熱傷という重い火傷を負ってしまった。早急に皮膚移植手術を行わなければ一生傷が残るかもしれないほど深刻な状態である。アシュリーはこの時の様子を、「あまりにもショック過ぎて悲鳴を上げることすら出来なかった。」と語っている。

マイゼラ達は逮捕され、傷害罪で起訴されることになった。

マイゼラとその母親は涙を流しながら被害者に謝罪の言葉を述べたが、裁判官はマイゼラに懲役4年・執行猶予20年という重い実刑判決を下した。正常な思考が可能な状態であったにもかかわらず、あまりにも手口が残酷だったことが有罪判決の決め手となったようだ。

インターネットは罵詈雑言の飛び交う異質の空間である。他のユーザーに誹謗中傷されてカッとなることもあるだろうが、SNSを頻繁に利用している方はくれぐれも熱くなり過ぎないように気を付けていただきたい。


―海外の反応

・泣くくらいなら最初からこんなことするなよ。
・火傷は一生残る悲惨な怪我だ。この判決が重いとは思わないね。
・なんて凶暴な女だ。
・こんな奴は社会から退場させるべきだ。
・4年間刑務所に行ってゆっくり頭を冷やしな。
・たった4年かよ!20年でも甘いぜ!
・この子は計画を立てて車のドアを開けただけらしいじゃないか。実際に油をかけた仲間の方が罪が軽いってどういうことだよ?
・司法取引を済ませたらしい。それが法の裁きというものさ。
・こいつも足を焼いてやればいいのに。
・インターネットにのめり込むとろくなことにならないという例だな。

掲載元
http://www.reddit.com/2uxhy3

(ライター:sha-la-ku)
全文を表示