妊婦と高齢者のどちらに席を譲る?の面白コメント満載!あなたならどうする?
教えて!goo ウォッチ

先日、「教えて!goo ウォッチ」では「妊婦と高齢者、2人いたらどちらに席を譲る?」という記事をリリースした。老若男女様々な人々の悩みが集まる「教えて!goo」に投稿された「電車の中で、妊婦とお年寄りが立っていたら、皆さんだったらどちらに席を譲りますか?」に寄せられた回答を紹介する記事だった。

今回はこの記事についてニコニコ会員の皆さんが大いに盛り上がっているのを編集部は発見。正統派のコメントに加え、「なるほど」という回答から「斬新!」というものまでさまざまな声が投稿されていたので紹介しよう。

■ライターに物申す

記事ではスマートな席の譲り方として「隣の人の袖口つまんで一緒に立ち上がって、妊婦さんとお婆さんに『はい、どうぞ』。隣の人には頭を下げて、『ありがとうございます』」という手法をライターは紹介していたが、この方法には賛否両論の声が。

「え? 隣の人の袖口つまむのってスマートなやり方なの? 隣に座っているのは体調の悪い、もしくは外からは分からない持病がある人かもしれないよ?」(crunchyさん)

確かにこれは隣の席の人の事情もあるので一概にスマートなやり方と言い切ることはできない。ライターには手痛い指摘だったかもしれない。

■新しい視点

「教えて!goo」ユーザーの回答にはなかった新たなる視点を与えてくれたコメントはこれだ。

「譲る席が1つしか無い以上、唯一の解決策は 自分自身がイスとなることだ」(ジャマーさん)や「俺が椅子だ」(どぶますくさん)という、自身が足りない席のために椅子になるという書き込みだ。

このコメントに対しては「自分自身がイスになるって人がいてなんか安心した(?)」(しんびさん)という声も寄せられていた。

「何で二択だと思い込むんだ? 第三者、つまり自分が譲れば良いのさ」(adamasさん)

読み手まで当事者にしてしまうニコニコ会員に教えて!goo ウォッチ編集部は「やりおるのう」とため息だった。

まさに正解があるようでないような今回の質問――「妊婦と高齢者、二人いたらどちらに席を譲る?」に、皆さんだったらどう答えるだろうか?

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

全文を表示