メールやSNSだけでやりとりした相手と実際に会ってみると、予想と全然違うキャラの人がいますよね。このようにネット世界では豹変してしまう人ってどれぐらいいるのでしょうか。今回は相手の過激な「ネット人格」に驚いた経験や、実際に会ってドン引きしたギャップエピソードを集めてみました。

■テンション低っ!
・ネット上ではめっちゃ明るくツッコミ上手なのに、実際に会ってみると寡黙(女性/32歳./医療・福祉)
・メールだと文才がありおもしろい人だったのに、会ってみたら全然しゃべらず、ものすごくつまらない人だった(女性/34歳/金属・鉄鋼・化学)
・LINEではノリノリだったのに、実際会うと冷めた感じで、スマホばっかりいじっていたのは嫌だった(男性/33歳/機械・精密機器)

メールでは陽気キャラだったのに、実際会うと暗いオーラをまとって現れる、この「よろしくないギャップ」に苦情の嵐でした。でも本人は楽しい人に思われたかったんですよね......。

■絵文字キャラを貫いて!
・笑顔の絵文字がついていたのに、会うと仏頂面だった(女性/26歳/情報・IT)
・LINEでスタンプを乱用していて軽い人かと思ったら寡黙(女性/31歳/アパレル・繊維)
・真面目系上司がLINEでは柴犬や猫などのかわいいスタンプを使いまくっていて驚いた(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁)

どちらが本当の姿なのでしょうか。家ではどんより暗い顔でハートの絵文字を打ち込んでいる、なんてこともありそうです。絵文字は便利ですが、新たな誤解を生んでいるのかも。

■めっちゃ明るいじゃん!
・メールはそっけないのに、会うとめちゃ明るくてとまどった(女性/27歳/情報・IT)
・メールでは落ち着いた人かと思っていたら、とにかくうるさい人だった(男性/47歳/建設・土木)
・LINEでは絵文字もなく、地味で堅い文章だった人が、会ってみたらとても気さくでテンションの高い人だったこと(女性/22歳/その他)

このタイプはそこまでメールでのコミュニケーションに重きをおいていないのかもしれませんね。低めを予想していた側からすると「お、おう......」とどぎまぎしてしまいそう。

■暴言クレーマーの実態は
・メールは逆なでするような挑発的な言葉ばかりなのに、会ってみると反論もできないような小心者だった(女性/28歳/機械・精密機器)
・文面はやたら厳しいのに、会って話すと腰が低いことはよくある(男性/50歳以上/学校・教育関連)
・現実では穏やかだったり気さくに見える人が、ネット上ではかなりのひねくれ者(女性/31歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

過激な「ネット人格」の正体とはこんなものなのでしょうか。ただ、実際会う時も筋金入りのクレーマーキャラで登場されても、それはそれで相当なストレスですが......。

■もはや誰?
・メールだけギャルみたいな人(男性/29歳/食品・飲料)
・文語体がちがちの文章だったのに会ったら方言丸出しだった支社の人(女性/28歳/アパレル・繊維)
・友だち的なくだけたメールだったので同じくらいの人かと思ったら、ずいぶん年上の人で戸惑った(女性/28歳/電機)

もどかしいですが、「メールではずいぶん若いですね」と言えるわけもなく......。

■本当の姿は......こわい
・ハートマークや顔文字を多用して明るい人だとおもっていたら、実はヤンキーのような言葉使いが悪い怖い人だった(女性/31歳/その他)
・取引先の人で、文面はすごく丁寧で明るそうだったのに、実際は笑わないこわい人だった(女性/27歳/学校・教育関連)

会ったら「こわい」見た目の人々......。相手にビビられないように、あえて文面を明るくしているのかもしれませんね。

多くの人が、文章になると必要以上に明るく振る舞ってしまう傾向があるようですね。ネット世界のほうがのびのびできるのかもしれませんが、いざ会うとなったら、がっかりさせない程度にテンションを高めて頑張りたいものです。あなたはネット上では人格が変わってしまいますか?

文 サクマ香奈

調査期間:2015年2月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:社会人440件(ウェブログイン式)


ネットゲームでびっくりした他ユーザーの発言「まだ寝るな」「毎日ログインな」

全文を表示