ニコニコニュース オリジナル

 学生の就職活動、いわゆる「就活」のシステムに異議を唱える「就活ぶっこわせデモ」が2011年11月23日(勤労感謝の日)、東京・新宿で行われた。デモには学生ら100人超(記者調べ)が参加し、「大学は就活予備校じゃない」「学生に勉強する時間を」「ゆとり(世代)にゆとりを」などと訴えた。

 このデモは、首都圏の大学生が中心となった実行委員会が企画したもので、政治団体など団体での参加を認めず、デモ行進時に掲げるプラカードも基本的には手作りのものに限られる。23日、JR新宿駅前に集まった学生らは記者の調べで100人超。新宿の繁華街を練り歩き、

「学生に勉強する時間を」
「(就職に必要とされる)『人間力』ってなんだ」
「"就活メイク"ってなんだ。"就活に強いボールペン"ってなんだ」
「リクナビつぶれろ、マイナビつぶれろ」
「(採用活動の)早期化反対」
「ゆとりにゆとりを」
「大学は就活予備校じゃない」

などとシュプレヒコールをあげた。

 参加者のひとりで、契約社員として働く男性(20歳)は、「ニコニコニュースを見てこのデモを知った。自分自身も就活を経験しており、理不尽な面については以前から問題意識としてあった」と参加の動機を語った。また別の社会人男性(27歳)は、「学生たちが手作りでやっているという感じがよい」と、参加しての感想を述べた。

 デモは、祝日でにぎわう新宿で道行く人々の注目を集めたが、なかには

「就職できなかった連中がわめいても仕方がない」(20代・男性)
「何を訴えているのかよくわからなかった。就職できない人たちっぽいよねと妻と話していた」(40代・会社員)

と厳しい声もあった。

◇関連サイト
・[ニコニコ動画] 「就活ぶっこわせデモ」の模様を視聴
http://www.nicovideo.jp/watch/1322036485
・就活ぶっこわせデモ - 公式ブログ
http://hosyukakumei.blog.fc2.com/

(土井大輔)

全文を表示