マイナビは、2015年4月入社の新入社員を対象に『2015年マイナビ新入社員意識調査』を実施、結果を発表した。調査対象は、同社実施の新入社員研修に参加した各企業の新入社員2,786名、調査方法は記入選択式アンケート調査。調査期間は2015年3月30日(月)~4月10日(金)。

社会人として仕事をしていく上で重要だと思うことを聞いたところ、第1位は「良好な人間関係」で63.1%、第2位が「楽しさ」で41.4%、第3位が「挑戦」で40.5%となった。1位~3位までは全て前年と比べて減少しているものの、第4位の「成功、評価、地位」が34.5%で前年比2.5pt増、第5位の「社会貢献」が28.4%で前年比5.0pt増と、それぞれ増加した。

社会人として仕事をしていく上で重要だと思うこと(複数回答、最大3項目)

"出世したいと思うか"という質問に対しては、「出世したい」(42.2%)と「どちらかといえば出世したい」(47.0%)を合計した数値が、前年比1.7pt減の89.2%と微減したものの、"出世願望"を持つ新入社員が約9割という結果となった。一方、30歳時点での理想の年収で最も多かった回答は「400万円台」で29.3%、第2位が「500万円台」で24.5%、第3位が「300万円台」で21.6%となり、堅実な意見が多い結果に。


30歳時点での理想の年収

社会人生活に「期待する」と回答した人は4年連続で減少し、2011年調査開始以来過去最低となった。中でも「かなり期待」は、2011年と比較して10.9pt減少。また、仕事とプライベートについては、「プライベート優先」が8.8%、「どちらかといえばプライベート優先」が44.5%となり、それらを合計した"プライベート優先の生活を送りたい人"が調査開始以来初めて"仕事優先"を逆転、5割を超えた。

社会人生活に対する"期待の度合い" 仕事とプライベートについて

残業について聞くと、「残業してでも働きたい」人は5.4%、「必要な残業であればよい」人が71.6%で、合計77.0%。また、業務終了後は「会社の人と過ごしたい」人が1.3%、「なるべく会社の人と過ごしたい」人が19.3%で、合計20.6%。共に調査開始以来、過去最低の数値に。


残業について アフター5(業務終了後)の過ごし方について

最後に、"仕事で叶えたい夢"があるかどうかを聞いたところ、「ある」と答えた人は72.1%に。多数ではあるものの、3年連続で減少する結果となった。


仕事で叶えたい夢


全文を表示