キャリコネ

Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。相談者のronaldo99さんは、自分のことを「ブサイク」だと思っています。

働きたい意志はあるものの、容姿を笑われたり悪口を言われたりするのが嫌で働くことができず、かれこれ4年以上も無職のまま。しかし何とかしたくてたまらないようです。

「働きたいです。どうすればよいでしょうか」

「家でできる仕事を見つける」という助言もあるが

この相談には、容姿を隠して働ける方法として「マスク着用の仕事を探す」「家でできる仕事を見つける」など、さまざまなアドバイスが寄せられました。その一方で、多くの回答者が「考えすぎじゃないか?」「仕事に容姿は関係ない」とも言っています。

「言い訳にしか聞こえません。笑われようが嫌われようが、気にしなければ良いだけです。何事も人生経験。『それがどうした!』と居直って生きていけば良い」(pct10968さん)
「働かない理由に聞こえます。働きたいなら顔がどうであろうと笑われても悪口言われても働くべきです」(deepdiver555さん)
「あなたの理由は、正直、働かない理由にはなりません。ちゃんと仕事を探して働きましょう」(vaf326さん)

しかし、本人にしか分からない悩みがあるかもしれないと想像せずに、「言い訳」と突き放すのは厳しすぎではないでしょうか。inugriraiさんは「堂々としていればいいのですよ」としながらも、「失礼ながら被害妄想ということはありませんか?」と心配しています。

確かに多くの人前に出るモデルやタレントのような仕事であれば、どんなにきれいな人でも「ブス」とか「ブサイク」と言われる可能性はあるでしょう。しかし普通の仕事をしている人に、わざわざブサイクと言って笑う人がいるとも思えません。

おそらく他人が実際にどう思うかとは関係なく、「他人からブサイクと笑われる」という不安が相談者さんの中にあるのだと思われます。ネットを検索してみると「身体醜形障害」という言葉も出てきました。

勇気を出して専門家に相談してみるべきかも

「メルクマニュアル医学百科 家庭版」によれば、身体醜形障害の人は、実際には欠陥はまったくないか、些細なものであるにもかかわらず、自分の外見に欠陥があると信じ込んでいるのだそうです。

身体醜形障害の治療法としては、「抗うつ薬のセロトニン再取込み阻害薬による治療が有用」な場合もあるということですが、自分の症状を医師に話さない人が多いので、何年も適切に診察されないこともあるようです。

回答者からは、相談者さんを応援する声も寄せられています。

「最初の一歩は怖いかもしれないけど、そこで躊躇していたらいつまで経っても何も出来ないままだよ。やりたい仕事の求人を見つけて、そこに応募してみるといい。あなたが自分の良さを発揮してくれるのを待っている会社は絶対あるよ」(Door-Fourさん)

相談者さんも、回答者に向かって「皆様、ありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます」と書き込んでいます。

働きたいという意欲を持っている相談者さんは、とても素晴らしいと思います。でも、やっぱり「恥ずかしい」「怖い」と思ってしまう場合は、一度専門家に相談してみるべきかもしれません。相談者さんだけでなく、現代人の多くがかかる「現代病」だと思えば、診察のハードルもいくらか下がるのではないでしょうか。(ライター:Makiko.N)

あわせてよみたい:「私を好きになる変態なんかイヤだ」と語るマツコの孤独

 

全文を表示