ニコニコニュース(オリジナル)

 小沢一郎民主党元代表は2011年12月11日、自由報道協会主催の記者会見に出席。司会者が代読したジャーナリスト田原総一朗氏からの「最も期待する政治家は誰か」という質問に、「若い世代にたくさんいると思う」と答える一方、「今すぐ総理大臣として、すべて仕切れる政治家がいるかどうかと問われれば疑問」と語り、具体名を挙げることはなかった。

■「期待する政治家は? できれば小沢さん以外で」

 この会見の前半は、それぞれの記者がインターネットなどで公募した質問を代読する形で進められた。そのなかで、会見の司会者は田原総一朗氏からの

「小沢さんが今、最も期待する政治家は誰か。できれば小沢さん以外でお答えいただけると幸いです」

との質問を読みあげた。これに小沢氏は「若い世代にたくさんいると思う」としながらも「政策の実行は(ある程度の)ポジションについたことのある人でなければならない。そういう意味では今すぐ誰と言うわけではない」と答え、

「今の時点でリーダーとして天下の政(まつりごと)を取り仕切れる人がいるかというと、考えてしまう」

と述べた。

■「官僚の独善を許す政治が続けば、日本はカオスに」

 会見後半、記者から自身が総理になる考えはないかと問われると「私は皆さんご承知のような(公判中の)立場ですから、そういう発言をすることは適切ではない」と語りながらも「気持ちとしては引き受けるつもりで頑張っている」とし、「このままだと日本社会が混迷の度を深める結果になる」と日本の将来を憂いた。また「このままの官僚の独善、それを許す政治が続けば、日本社会がカオスに陥る」と、官僚主導の政治をあらためて批判した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 田原総一朗氏からの質問から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv73305440?po=news&ref=news#10:55

(土井大輔)

全文を表示