『桃太郎電鉄シリーズが終了する。ゲームクリエイターで『桃太郎電鉄シリーズ生みの親であるさくまあきら氏は2011年12月11日ニコニコ生放送の番組「小池一夫ニコニコキャラクター塾!」で、来年1月に発売されるドコモ携帯向けの『桃太郎電鉄 東海編』を最後にシリーズを終了させることを明らかにした。

 さくま氏は『桃太郎電鉄』の生みの親で20年以上に渡りシリーズを作ってきたが、番組では2012年1月リリース携帯電話向け『東海編』を最後にシリーズを終了させることを宣言した。会の漫画原作者・小池一夫氏から「なんか裏がありそうだな」とその理由を尋ねられたさくま氏は、同シリーズを発売してきたハドソンが同じくゲームメーカーコナミ子会社になったことに触れ、

「(ハドソンには)10年間と一緒にゲームを作ってきた優秀な連中がいたから、ゲームを作ってこられた。だが、この4人のトップレギュラーのうち3人が新しい会社は息苦しいと言って辞めた」

り、「あのメンバーを作るのに10年かかった。同じものをまた作るのは難しい」と終了に至った経緯を説明。今後も過去タイトル移植が発売される可性は残しつつも、新作が出ることはないとした。

関連サイト
・[ニコニコ生放送] 『桃太郎電鉄シリーズ終了の告知から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv72682607?po=news&ref=news#1:39:20

土井大輔

『桃鉄』シリーズの終了を宣言したさくま氏