「美人・オブ・ザ・イヤー2011」に選出された武井咲
モデルプレス

雑誌「美人百花」1月号の特集「百花読者が選んだ!美人・オブ・ザ・イヤー2011」にて、2011年一番輝いていたと思う女性有名人に、武井咲、優木まおみ、AKB48前田敦子らが選ばれた。

【写真(武井咲、優木まおみ、AKB48前田敦子)】

「美人・オブ・ザ・イヤー2011」は同誌の読者アンケート「2011年、一番輝いていたと思う女性有名人は誰?」の回答を集計したもので、活躍度やルックスだけでなく、内面的な美しさをまとった有名人が多く選出された。

十代とは思えない艶やかさ!など、その若さと存在感のギャップに多数の賞賛があがった武井咲は、美人・オブ・ザ・イヤー2011に選ばれたことについて、「落ち込んだときに思い出したら元気になれそうなほどうれしい!!」と喜びをあらわにし、2012年はもう少し余裕を持って演技に取り組んでいきたい、と女優としての新たな決意を語っている。

また、マルチタレントとしての活動に加え、人気女性誌のレギュラーモデルに抜擢されるなどモデルとしての新たな挑戦が評価された優木まおみは、「同性のみなさんが支持してくださったということは人間性なんかも含めて認めてもらえたのかな?だとしたら、本当にうれしい!」とコメント。歳を重ねるごとにどんどんキレイに進化している、などその圧倒的な若々しさを評価する声が多数挙げられた。

注目なのは、今年のAKB48総選挙で見事1位に返り咲き、センターの座を再びゲットした前田敦子。外見の可愛さだけでなく、一生懸命頑張る姿から感じられる芯の強さが、多くの支持を集めたようだ。

その他、出産を経験しますますキラキラ度が増した梨花や、なでしこジャパンで大活躍した澤穂希、長い潜伏期間を経ても劣化しないスタイルを保つ岡本夏生、海外からはレディー・ガガの名前も挙がっている。

日本を明るく照らす彼女たちの美しさと輝きに、2012年も期待が高まりそうだ。(モデルプレス)

全文を表示