声優の伊藤健太郎、座長にビンタされ舞台降板※「伊藤健太郎」ツイッターのスクリーンショット
クランクイン!

 声優の伊藤健太郎が8日のツイッターで、神田時組の舞台『熱海殺人事件~私、芝居やめるんです。林編~』の座長に顔をビンタされ舞台を降板したことを明かした。伊藤は「すげえびんたされたんだよな」と怒りを露わにしている。

【関連】<アニメジャパン>『弱虫ペダル』初のオリジナル長篇映画、2015年夏公開決定

 『弱虫ペダル』田所迅役や『BLEACH』阿散井恋次役や、『NARUTO -ナルト-』秋道チョウジ役など数々のアニメ作品で声優として活躍する伊藤は、舞台役者としても活動。今回の舞台にはゲスト出演をする予定であった。

 伊藤はこの日「すげえ演劇人と出会った。雇われたんだけどね、明日から稽古場来なくていいって(笑)」と振り返り、「そういうわけで、時来組公演、座長にワンパンくらって降板しました」と告白。「なに?あの人。てなわけで。さようなら」と連続でツイートしている。

 また、ユーザーからの「なんでビンタされたの?何かしたん?」という問いに対しては「俺が正しいと思った芝居をしただけだよ。そのうえでのトークが気に食わなかったのかもね。ま、なんにしろ先に手を出した奴が、負けだよ」と綴る。

 これに対し、ファンからは「伊藤さんが侮辱されたなんて悔しい」との声が寄せられたが、現在、伊藤は冷静さを取り戻したようで「ごめんなさい。大人気なくご心配、ご不快な思いをみなさまにさせてしまいました」とファンに謝罪した。

全文を表示