ナリナリドットコム

とんねるずの石橋貴明(53歳)が、6月11日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に出演。自身の引き際について激白した。

この日、大久保佳代子(44歳)が「50歳までこの仕事を続けていけるかどうか」を相談する中で、石橋に「不安にならないですか? 5年後どうしてるんだろうとかないんですか?」と質問。

石橋は「不安? (仕事が)なくなっちゃったら、なくなっちゃったでしょ。それは寿命でしょ。こちら側がやりたいというより、世間一般がNOって言ったら、寿命でしょ」と自らの仕事観を語り、「やりたくてもやれないわけだから、僕らの仕事は。それが寿命なわけだから、来年かもしれないし、ひょっとしたら半年後かもしれないし。でもそれは甘んじて受けるしかない」と続け、「出たくたって、お客さんが『NO』なんだから、静かに、(敬礼のポーズをとって)『ありがとうございました!』って」と引き際のイメージを明かした。

そんな石橋に、大久保は「タカさんって寿命とかないって考えないんですか?」と質問。

石橋は「そんなに自分で才能を感じていないほうだから、『あ、これ寿命なんだな』って思う。これはオレの考え方かもしれないけど、若いときから生意気やってたから、『あ? 関係ないですよ』って言ってたタイプだから、それが人気なくなって(土下座ポーズをとり)『お願いしますよ、ほんと仕事』なんて今さらできないでしょ。キャラクター的にも、プライド的にも」と、求められなくなったときには感謝の言葉を伝えて去るそうで、「まあ楽しかったからね、それくらい」としみじみ語った。
全文を表示