もっとも印象に残るアニメキャラによる名勝負
キャラペディア

 アニメキャラクター事典「キャラペディア」では、アニメファンが選ぶ『もっとも印象に残るアニメキャラによる名勝負』TOP20を発表した。


11位から20位および男女別ランキングはこちら


 また「キャラペディア」では7月2日(木)の夜21時から、公式動画番組である『キャラぺろ』の生放送がおこなわれる。同番組は、今回発表したランキング結果に関しての分析や補足情報なども含め、より深堀りした情報をお伝えする「アニメファン専用ランキング&ニュースバラエティ番組」となっている。

★キャラペディア公式動画番組『キャラぺろ』第40回【7月2日21時から生放送】

スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードの上、こちらからご覧ください。



 第1位には、昨年の本編完結後も短期集中連載や劇場版アニメなど、なにかと話題に上がる人気作『NARUTO -ナルト-』から、主人公「うずまきナルト」と「うちはサスケ」の対戦が選ばれた。親友でありライバル、そして宿敵でもある2人の対決はファンならずとも気になるところ。「アカデミー最下位の主人公」と「アカデミーを主席で卒業した天才」による対戦は、完結後の今もなお語り継がれる名勝負となったといえる。結果はぜひご自身の目で確かめて欲しい。


 続いて第2位に選ばれたのは、科学と魔術という相反する設定が混在する世界観を描いたバトルアクション「とある魔術の禁書目録(シリーズ)」から、異能の力を無効化させる右手を持つ「上条当麻(かみじょうとうま)」と、触れたベクトル(向き)を変換する能力を持つ最強(凶?)能力者「一方通行(アクセラレータ)」との対戦。お人よしな不幸体質キャラと心を閉ざした最強凶暴キャラによる壮絶な勝負は、一時たりとも目が離せない名勝負となっている。


 そして第3位には、漫画、アニメ、映画、ゲーム、実写化など、あらゆるメディアで人気を博す、「冒険」「努力」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画『ドラゴンボール』から、言わずとしれた主人公「孫悟空(そんごくう)」と、悪の帝王「フリーザ」の対戦がランクイン。現在公開中の映画『ドラゴンボールZ復活の「F」』で更なる進化を遂げ、圧倒的なパワーアップを果たしている「フリーザ」。宿命とも言えるこの2人の対決、上位へのランクインは当然といえるかもしれない。


 なお、4位以降は

4位 :キリト VS ヒース・クリフ(ソードアート・オンライン)
5位 :空条承太郎 VS DIO(ジョジョの奇妙な冒険)
6位 :孫悟空 VS ベジータ(ドラゴンボール)
7位 :火神大我 VS 青峰大輝(黒子のバスケ)
8位 :折原臨也 VS 平和島静雄(デュラララ!!)
9位 :アムロ・レイ VS シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)
10位:緋村剣心 VS 志々雄真実(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-)

という結果となった。


★出演
・ニュースアンカー/鳴海なのか
・コメンテーター/アニゲウォッチャー 斎藤ゆうすけ
・ユーザーコメントキュレーター/寺崎まどか・澤江まゆき・篠宮紗絵子・菜月ありさ(週替わり担当)
・ゲスト/声優アイドル 及川瀬那(おいかわせな)さん 声優アイドルユニット「Say!you」として活躍中。


【調査概要】
アンケート期間:2015/6/25~7/1
アンケートの結果発表日:2015/7/2
投票属性割合:男性:68.8% 女性:31.2% 10代・20代:69.9% 30代以上:30.1%

※この調査は、キャラペディアユーザー及びキャラペディア公式Facebook(美少女アニメキャラ事典 他)会員[23,135人]を対象としたアンケート調査です。
全文を表示