ニコニコニュース オリジナル

 藤村修官房長官は2011年12月22日午前の記者会見で、内閣府に宇宙開発利用の戦略的な推進を図る観点から、「宇宙戦略室(仮称)を設置する方向で調整中である」ことを明らかにした。

 宇宙戦略室は「宇宙審議官(仮称)を長とする独立した部局」とし、「宇宙政策の司令塔機能と(全地球測位システムの構築に資する)準天頂衛星システムの開発整備、運用等の施策実施機能を担当する」という。

 宇宙戦略室の設置により、各省庁に分散していた宇宙施策の一元管理を図り、政策推進の強化を図る。政府は宇宙基本法改正案などの関連法案を来年の次期通常国会へ提出する見通し。

■藤村修官房長官とニコニコ動画記者(七尾功)との一問一答

七尾記者: 一部報道で内閣府に「宇宙戦略室」的なものを新たに設置する方針を固めたとありまして、この事実関係と事実であれば構想等についておきかせください。

藤村官房長官: 内閣府に我が国宇宙政策を総括する宇宙審議官(仮称)を新設し、この宇宙審議官を長とする独立した部局としての宇宙戦略室を設置する方向で今調整中であります。

 宇宙戦略室(仮称)では、宇宙開発利用の戦略的な推進を図る観点から、宇宙政策の司令塔機能と準天頂衛星システムの開発整備、運用等の施策実施機能を担当することが予定されていますが、必要な法案を次期国会設へ提出する予定ではあります。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]七尾記者の質問部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv75069839?po=news&ref=news#12:07

(七尾功)

全文を表示