沢城みゆき、プライベートの口癖も「ぷしゅー」だった!? クランクイン!
クランクイン!

 『ルパン三世』峰不二子役、『べるぜバブ』ベル坊役、『デュラララ!!』セルティ・ストゥルルソン役、『物語シリーズ』神原駿河役など、少女からセクシーな女性、はたまた男の子の赤ちゃんまで性別年代問わず様々な役を演じ分ける人気女性声優・沢城みゆき。そんな沢城が、実写ドラマ化を経て、TVアニメ化される人気コミック『ワカコ酒』の主人公ワカコ役を演じる。今回、作中のほとんどが呑み食いシーンとなるワカコを演じるうえで意識した点やアピールポイントに加えて、沢城の意外なプライベートまで話を聞くことができた。

【関連】TVアニメ『ワカコ酒』アフレコ現場&場面写真フォトギャラリー

 『ワカコ酒』は、「月刊コミックゼノン」(発行:ノース・スターズ・ピクチャーズ 発売:徳間書店)で連載中の同名人気漫画が原作。美味しいお酒と食べ物が好きな26歳・OL村崎ワカコの、仕事後の最大の癒やし“一人呑み”を満喫する姿を描く。沢城演じるワカコは、言わずもがな呑兵衛女子であり、偶然みつけたお店も躊躇うことなく暖簾をくぐり、食べたい料理とお酒がぴったりと合わさった瞬間、全身が高揚感に包まれて、思わず「ぷしゅー」と幸せの吐息をもらすという女性だ。

 「『ぷしゅー』もさることながら、こんなに雄弁な“ひらがな”があっただろうか…と。なんて味わい深いひらがなが沢山あるのだろうという印象でした」と、本作の第一印象について語った沢城。原作コミックでは、ワカコが食事をするシーン一コマ一コマに擬音が書いてあり、お酒と食事を堪能するワカコの心の声を言葉豊かに表現する。原作同様、TVアニメも「“味わう”という、すごくじんわりした豊かな時間をきちんと描いている」と本作の内容について触れ、「ワカコが食べたり呑んだりする姿は、とってもチャーミングです」と笑みを浮かべる。

 そして、やはり『ワカコ酒』といえば実写ドラマでも評判となったワカコの口癖「ぷしゅー」だ。沢城は「みなさん、気になるところですよね…」と、ほんの少し声を落とし気味に話し出す。「リアルに近い吐息のようにやる方法、アニメだから少し盛ってはっきり言葉にしてしまう方法、選択肢はいくつかあったと思うのですが、とりあえず第1話のテストで『ぷしゅー』を言ったあと、何を言われるかなーなんてドキドキしていたのですが……(監督に)『みなさん、そんな感じで大丈夫なので本番いきまーす』みたいな」と、第1話アフレコを振り返り、言い回しなどに指示がなかったことを明かす。何も言われなかったことに沢城自身も戸惑ったようで「あれ???って。私、これを取材で聞かれたら何て答えよう…なんて思ってしまいました(笑)」と茶目っ気たっぷりに話してくれた。

 また「ぷしゅー」については、演じるワカコだけでなく沢城自身も無意識に口にしていた言葉だったとも。「ご飯を食べているときかは定かではないのですが、お風呂上がりとか、何かをしている時に『ぷしゅー』というらしいんですよね」と、思いもよらぬ共通点があったことを告白する。「家族が『ワカコ酒』を見たとき、『これそのままじゃん』って言われました(笑)」。

 本作では呑兵衛女子“ワカコ”を演じる沢城。それにならい、自身のことを“●●女子”と表現するなら…と訊くと、うーんと首をかしげたものの「“鈍感女子”…ですね」と表現する。その理由として「気にならない割合が人より大きくて…。私が“大体それぐらいでいいんじゃない”と思うものは、それぐらいじゃよくないみたいです」とのこと。「料理でも、ちょっとぐらい火が通ってなくても…賞味期限が過ぎてても…大丈夫でしょ!ってな感じなので…。雑ですね(笑)」と一言。ただ「仕事は別なんですよね」と口にし、どうやら沢城はプライベートのみ“おおらか”な女性になってしまうようだ。(取材・文:鈴木沙織)

 沢城が「“味わう”というリアクションは命がけで演じた」と口にするTVアニメ『ワカコ酒』は7月5日より毎週日曜、夜10時27分~10時30分にTOKYO MX、サンテレビで放送中。

全文を表示