ニコニコニュース オリジナル

 インターネットで活躍するクリエイターを応援するテレビ東京の番組『ドリームクリエイター』(司会:百花繚乱、繁田美貴&白石小百合テレビ東京アナウンサー)の収録風景が2011年12月24日、ニコニコ動画で生放送された。注目トピック「激論!2011ネットクリエイターニュース!」では、シンガー・ソングライターで声優の桃井はるこさんが「離島でコミケをやってほしい」と持論を展開した。

 オタク文化に造詣が深くアニソン歌手として幅広く活躍する桃井さんは、2011年注目のネットニュースとして「コンベンション×ネット」を取り上げた。桃井さんによると、

「コンベンションというのは、アニメファンなどがファン主導でやるイベントのこと。オタクが大量に集まって、ホテルとか会場を借り切って、ゲストを呼んだりサイン会をしたりするイベント。海外のオタクの人の前で質問大会をすると、『日本は本場だから、さぞ素敵なコンベンションがあるのだろうね?』と言われるんですけど、『ないよ?』みたいな。コミケも同人誌即売会だから、厳密にはコンベンションじゃない」

という。コンベンションはまだ馴染みが薄い言葉だが、桃井さんによると、今年に入って日本ではコンベンションが盛り上がっているそうだ。桃井さんは、徳島の『マチアソビ』や、鳥取の『米子映画事変』、香川で開催された『キャラフェス』などを取り上げながら、「県内外のオタク、はたまた海外からもいらっしゃったりで楽しいんですよ」と話した。

 また、桃井さんはコンベンションが増えている理由について、インターネットが普及したことが大きいと分析した。

「今年はやっぱり、大きなメディアじゃなくても、ネットで人が集められることが分かった。海外のコンベンションでは、ネットで情報を知って来る。ネットが発達したことによって変わった。コンベンションがもっと増えて、(コンベンションのような)コミケを1つの離島でやって欲しい。コミケっ島って言うんです(笑)」

 番組ではこのほか、「ドリームクリエイター10大ニュース」のコーナーで、『ドリームクリエイター』の番組内で起きた大きなニュースを振り返った。「ドリームボーカリスト」のコーナーでは、ついに第4ピリオドが終了。視聴者アンケートで、けけ(ヶ´∀`)さんの優勝が決まった。課題曲のアレンジも務めた人気ボカロPのハヤシケイさんが出演した。また、「くぎうまちゃんアテレココーナー」では、ゲストがほぼ総出演でオリジナル4コマ漫画のアテレコに挑戦していた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 桃井はるこさんがコンベンションを語る部分から再生 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68457052?po=news&ref=news#0:20:02
・[ニコニコチャンネル] ドリームクリエイター
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch23
・ドリームクリエイター公式サイト - テレビ東京
http://d-creator.jp/

(鏡)

全文を表示